シンニチ保険WEB

三井住友海上、Next Riseソーシャル・インパクト・ファンドへ6億円投資

三井住友海上は、株式会社ドリームインキュベータ(以下「DI社」)が設立したNext Riseソーシャル・インパクト・ファンド(以下「本ファンド」)へ6億円の投資を行う。本ファンドへの投資を通じて、SDGsの達成および持続可能な社会づくりに貢献していく。
ソーシャル・インパクト・ボンド(以下「SIB」)とは、資金提供者から調達する資金をもとに、サービス提供者が効果的なサービスを提供し、サービスの成果に応じて行政が資金提供者に資金を償還する、成果連動型の官民連携による社会的なインパクト投資の手法の一つ。
SIBは、医療・介護、公共施設・インフラ分野等において、予防することで、将来発生する可能性のある課題を未然に防ぐことができる分野に適している先進的な仕組みとして、海外で広がっている。
こうした中、日本でもSIBが増えており、DI社が組成した本ファンドは、医療・介護、公共施設・インフラ、リサイクル等の分野を対象に、地域社会が抱える社会的・環境的な課題の解決に加えて、地方自治体の財政支出の中長期的な削減への貢献を目指している。
三井住友海上は、本ファンドの目指す姿に共感し、より一層、社会課題の解決に貢献できるESG投融資に取り組むとともに、先進的なESG投融資のノウハウを蓄積するため、本ファンドへ出資することにした。ファンドの規模は39億円。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、世界最大のVRイベント「バーチャルマーケット2022 Summer」に業界初出展

生保

明治安田生命、アジア開発銀行が発行する「エデュケーション・ボンド」に投資

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、「Transverse社」の買収手続き開始を決定

損保

損保ジャパン、世界銀行が発行する「サステナブル・ディベロップメント・ボンド」に投資

生保

大同生命、コートジボワール政府向けの投資を実施

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、災害対策支援保険を発売

生保

第一生命、クリーンエナジーコネクトへ投資

生保

住友生命、野村アセットマネジメントが運用する「グローバル・サステナブル・エクイティ・オープン投信」へ投資

生保

明治安田生命、欧州投資銀行が発行する「サステナビリティ・アウェアネス・ボンド」に100億円投資

生保

第一生命、Ubie社へ5億円投資

関連商品