新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上、Next Riseソーシャル・インパクト・ファンドへ6億円投資

三井住友海上は、株式会社ドリームインキュベータ(以下「DI社」)が設立したNext Riseソーシャル・インパクト・ファンド(以下「本ファンド」)へ6億円の投資を行う。本ファンドへの投資を通じて、SDGsの達成および持続可能な社会づくりに貢献していく。
ソーシャル・インパクト・ボンド(以下「SIB」)とは、資金提供者から調達する資金をもとに、サービス提供者が効果的なサービスを提供し、サービスの成果に応じて行政が資金提供者に資金を償還する、成果連動型の官民連携による社会的なインパクト投資の手法の一つ。
SIBは、医療・介護、公共施設・インフラ分野等において、予防することで、将来発生する可能性のある課題を未然に防ぐことができる分野に適している先進的な仕組みとして、海外で広がっている。
こうした中、日本でもSIBが増えており、DI社が組成した本ファンドは、医療・介護、公共施設・インフラ、リサイクル等の分野を対象に、地域社会が抱える社会的・環境的な課題の解決に加えて、地方自治体の財政支出の中長期的な削減への貢献を目指している。
三井住友海上は、本ファンドの目指す姿に共感し、より一層、社会課題の解決に貢献できるESG投融資に取り組むとともに、先進的なESG投融資のノウハウを蓄積するため、本ファンドへ出資することにした。ファンドの規模は39億円。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

住友生命、日本トムソン向けスミセイ・サステナビリティ・リンク・ローンを実行

損保

三井住友海上、Frontier Innovationsが組成する宇宙ファンドに出資

損保

MS&ADホールディングス、子会社による金融庁への業務改善計画に係る報告書を提出

損保

三井住友海上、労務相談サービス「MSコンパス×無料de顧問」を提供開始

損保

三井住友海上、「日本パラ陸上競技選手権大会」砲丸投・円盤投で神下 豊夢選手が優勝

損保

日本地震再保険、SDGs債に投資

損保

三井住友海上、若手社会人の7割が感じる「挑戦」へのハードルを毎日の小さな取組で解消する「やってみるカメ?プロジェクト」始動

損保

三井住友海上、「2024世界柔道選手権大会」男女混合団体戦玉置桃選手が出場!日本代表チームが金メダル

損保

三井住友海上、ドライブレコーダー映像を活用した消防・救急活動の実証実験を開始

損保

三井住友海上、事故対応に生成AIの文章要約技術を導入

関連商品