シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、自然資本や生物多様性の保全・回復に貢献する同社商品・サービスを拡充

あいおいニッセイ同和損保は6月より、自然資本※1や生物多様性の保全・回復に貢献する取り組みの一環として、「タフ・見守るクルマの保険プラス(ドラレコ型)」などのドライブレコーダー提供型の自動車保険※2における「動物注意アラート機能」をバージョンアップするとともに、希少動物保護やロードキル削減に取り組む団体への寄付活動など支援を行っていく。
※1 自然環境を国民の生活や企業の経営基盤を支える重要な資本の一つとして捉える考え方
※2 ドライブレコーダーによる事故発生の通知等に関する特約がセットされた自動車保険が対象
1.背景・目的
気候変動リスクの増大により、脱炭素化をはじめとする気候変動対策の推進とビジネスモデル転換の機運が急速に高まっており、自然資本や生物多様性の保全・回復に関する国際的な論議※3も急速に進んでいる。こうした動きを踏まえ、同社はこれまでも、各地域のNPOや地方公共団体等への寄付を行うことで、地域に根差した環境保護活動を支援してきた。
今般、自然資本や生物多様性に関連する商品・サービスの開発と提供を加速させ、新たな収益基盤の確立と地球環境との共生(Planetary Health)を目指し、希少動物の轢死(以下、「ロードキル」)防止に向けた取り組みを拡充することとした。
※3 国連生物多様性条約第15回締約国会議(CBDCOP15)、自然関連財務情報開示タスクフォース(TNFD)、等
2.概要
(1)自動車保険の専用ドライブレコーダーにおける動物注意アラート機能のバージョンアップ
同社の自動車保険の専用ドライブレコーダーでは「動物注意アラート」をご提供しており、希少動物が生息する地域に接近した場合に、注意して運転するようドライバーに知らせている。
2022年6月末に、下表のとおり対象地域・動物の拡大を予定している。これにより、より広い範囲・動物でロードキルを防止することで、生物多様性の維持を図る。
<動物注意アラート機能の対象地域と対象動物>
対象地域 対象動物
沖縄県  ヤンバルクイナ
沖縄県  イリオモテヤマネコ
奈良県  奈良公園のシカ
鹿児島県 アマミノクロウサギ
長崎県  ツシマヤマネコ
北海道  エゾシカ
【NEW】
長崎県  ツシマヤマネコ(アラート対象エリアの拡大)
秋田県  ツキノワグマ
(2)希少動物保護やロードキル削減に取り組む団体への支援
生物多様性の確保を通じて地球環境の保護を図るため、以下の通り寄付制度を拡充する。
3.今後の展開
今後も森林・水・土壌といった領域において、事故により毀損した自然資本や生物多様性の保全・回復に必要となる費用を補償する商品・サービスを提供しCSV×DX(シーエスブイバイディーエックス)※4を通じて社会・地域課題の解決に貢献していく。
※4 CSV・・・Creating Shared Value(社会との共通価値の創造)
DX・・・Digital Transformation(データやデジタルを活用し、価値提供を変革させること)

関連記事(保険業界ニュース)

共済

こくみん共済coop〈全労済〉、「2022年こくみん共済coop地域貢献助成」を募集

損保

あいおいニッセイ同和損保、テレマの契約者向けに「長く運転を楽しむため」のコンテンツを提供

損保協会・団体

損保協会、軽消防自動車、高規格救急自動車を全国に19台を寄贈

生保

フコクしんらい生命、会津信用金庫と2021年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

生保

富国生命、「すまいる・ぎゃらりー」を開催

損保

あいおいニッセイ同和損保、ダイハツと車両維持費低減と環境負荷軽減に向け共同取組み

生保

明治安田生命、「愛と平和のチャリティーコンサート2022」および三枝 成彰氏による音楽授業「未来を奏でる教室」を開催

生保

富国生命、富山信用金庫との贈呈式を実施

損保

SOMPO環境財団、2022年度環境分野の博士号取得支援「学術研究助成」助成先の決定

損保

あいおいニッセイ同和損保、8月1日付組織改編

関連商品