新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

SBI損保、大分トリニータとともに「親子サッカー教室」を開催

SBI損保は、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)所属の株式会社大分フットボールクラブ(以下「大分トリニータ」)とともに2022年6月5日(日)に親子サッカー教室(以下、「本教室」)を開催した。
SBI損保は、大分トリニータの「サッカーを通じて大分の活力に貢献する」という理念に共感し、2020年から大分トリニータのスポンサーを務めている。このたび、この理念を具現化する試みの一つとして、本教室を開催した。
当日はJFA公認指導者ライセンスを持つ大分トリニータのスクールコーチを講師として招き、大分トリニータのホームスタジアムである昭和電工ドーム大分にて本教室を行った。参加した12組の小学生と保護者の方たちは、体をほぐすメニューから脳と体を連携させる運動、ビブスを持ったペアでゴールを狙う手つなぎサッカーまで、普段トリニータの試合が行われるフィールド横で約1時間のトレーニングを楽しんだ。
本教室の開催は、子どもが心身ともに健全な成長を育むこと、子どもがスポーツを通じて必要な社会性や協調性を身に付けること、子どもが地域への関心を持つことなどにもつながる。これらは、持続可能な開発目標SDGsの「すべての人に健康と福祉を」「人や国の不平等をなくそう」「住み続けられるまちづくりを」などの達成にも寄与するものである。
同社は今後もトリニータとの取り組みを通じ、スポーツの楽しさを大分県の方々に体験してもらうことで、地域コミュニティーの絆を深め、スポーツ文化を醸成し、ひいては地域社会の発展に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保協会・団体

SOMPO福祉財団、「第25回SOMPO福祉財団賞」受賞記念講演会とシンポジウムを開催

損保

SBI損保、【損保業界初】自動車保険の法人契約者へ睡眠障害リスク計測サービス「Sleep Doc」の無償提供を開始

損保

三井住友海上、「2024世界柔道選手権大会」男女混合団体戦玉置桃選手が出場!日本代表チームが金メダル

生保

かんぽ生命、車いすテニスの大谷桃子選手が全仏オープンに出場

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】はくさん信用金庫と共同寄付スキームの取扱い開始

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】しずおか焼津信用金庫と2023年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

生保

太陽生命、森林(もり)、『森林教室』実施

生保

プルデンシャル生命、ジブラルタ生命、PGF生命、「第28回ボランティア・スピリット・アワード」応募受付開始

損保

三井住友海上、「2024世界柔道選手権大会」で玉置 桃選手が銅メダルを獲得

損保

SBI損保、小野 尚氏が代表取締役社長に就任

関連商品