シンニチ保険WEB

共栄火災、「Kyoei Safe Water For Children プロジェクト」の取組みで寄付金を日本ユニセフ協会へ寄付

共栄火災は、同社の重点取組みのひとつである国際貢献活動の一環として、不衛生な水をきれいにする浄水剤を途上国の子どもたちへ届けるために、公益財団法人日本ユニセフ協会を通じて、浄水剤906万錠に相当する額を寄付した。
■寄付の実施について
同社の国際貢献活動の取組みは長く、1993年から実施しているが、この度の「Kyoei Safe Water For Children プロジェクト」の取組みは2015年からスタートし、以降、毎年実施している。
この取組みは、開発途上国の子どもたちへ不衛生な水をきれいにする浄水剤を届けるために、自動車保険料の一部を拠出し寄付するというものである。近年では、2019年に714万錠、2020年に719万錠、2021年には925万錠に相当する額を寄付している。
今年も5月に2021年4月~2022年3月の1年間で集まった寄付金を公益財団法人日本ユニセフ協会に届けた。この寄付金は、浄水剤906万錠(小学校の標準的なプールで約120杯分の飲料水に相当)として開発途上国に届けられる。
同社では、共栄生協パートナークラブや共栄プロクラブをはじめ、同社代理店の皆さまの支援のもと、積極的にこの取組みを進めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

共済

こくみん共済coop〈全労済〉、「2022年こくみん共済coop地域貢献助成」を募集

損保協会・団体

損保協会、軽消防自動車、高規格救急自動車を全国に19台を寄贈

生保

フコクしんらい生命、会津信用金庫と2021年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

生保

富国生命、「すまいる・ぎゃらりー」を開催

生保

明治安田生命、「愛と平和のチャリティーコンサート2022」および三枝 成彰氏による音楽授業「未来を奏でる教室」を開催

生保

富国生命、富山信用金庫との贈呈式を実施

損保

SOMPO環境財団、2022年度環境分野の博士号取得支援「学術研究助成」助成先の決定

損保

大同火災、第104回全国高校野球選手権大会出場校への寄付金贈呈

生保

大同生命、アジア・アフリカの子どもたちに約26万食分の学校給食を寄付

生保

マニュライフ生命、男子プロバレーボールチーム「ヴォレアス北海道」と「ヴォレアス北海道×マニュライフ生命ミニバレーボールキャラバン」を開催

関連商品