新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

共栄火災、「Kyoei Safe Water For Children プロジェクト」の取組みで寄付金を日本ユニセフ協会へ寄付

共栄火災は、同社の重点取組みのひとつである国際貢献活動の一環として、不衛生な水をきれいにする浄水剤を途上国の子どもたちへ届けるために、公益財団法人日本ユニセフ協会を通じて、浄水剤906万錠に相当する額を寄付した。
■寄付の実施について
同社の国際貢献活動の取組みは長く、1993年から実施しているが、この度の「Kyoei Safe Water For Children プロジェクト」の取組みは2015年からスタートし、以降、毎年実施している。
この取組みは、開発途上国の子どもたちへ不衛生な水をきれいにする浄水剤を届けるために、自動車保険料の一部を拠出し寄付するというものである。近年では、2019年に714万錠、2020年に719万錠、2021年には925万錠に相当する額を寄付している。
今年も5月に2021年4月~2022年3月の1年間で集まった寄付金を公益財団法人日本ユニセフ協会に届けた。この寄付金は、浄水剤906万錠(小学校の標準的なプールで約120杯分の飲料水に相当)として開発途上国に届けられる。
同社では、共栄生協パートナークラブや共栄プロクラブをはじめ、同社代理店の皆さまの支援のもと、積極的にこの取組みを進めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保協会・団体

SOMPO福祉財団、「第25回SOMPO福祉財団賞」受賞記念講演会とシンポジウムを開催

損保

共栄火災、【業界初】国内旅行総合保険の救援者費用等補償特約の補償内容を拡大

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】はくさん信用金庫と共同寄付スキームの取扱い開始

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】しずおか焼津信用金庫と2023年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

生保

太陽生命、森林(もり)、『森林教室』実施

損保

共栄火災、2024年3月期決算を発表

生保

プルデンシャル生命、ジブラルタ生命、PGF生命、「第28回ボランティア・スピリット・アワード」応募受付開始

生保協会・団体

生保協会、2024年度も保育所・放課後児童クラブを対象とした助成活動(総額2,500万円)を実施

共済

こくみん共済coop〈全労済〉、「こくみん共済coop文化フェスティバル2024夏」7月20日から開幕

損保

共栄火災、自転車月間に合わせ「自転車の利用実態と安全運転に関する意識調査」を実施

関連商品