シンニチ保険WEB

アニコムグループ、DENBA JAPAN、フローエンス、ペットの健康維持に向けた共同研究を開始

アニコム損保およびアニコム先進医療研究所株式会社は、DENBA JAPAN株式会社(以下DENBA JAPAN)および株式会社フローエンス(以下フローエンス)と、水分子を共振・活性化させる独自の『DENBA技術』を用いた『DENBA環境』下におけるペットの成長および治癒の促進を検証すべく、共同研究を行うことに合意した。
■『DENBA技術』『DENBA環境』とは
『DENBA技術』とは、電気エネルギーによって低電位と低周波の空間を作り出し、空間内の水分子を共振・活性化させるDENBAJAPAN独自の技術である。『DENBA環境』とは、この『DENBA技術』により構築された低電位・低周波の環境をいいる。『DENBA技術』すなわち空間水分子活性技術は、水を含むすべての生体に作用するため汎用性が高いと考えられている。2013年に開発が始まり国内外で特許を取得し、2016年に商品化に成功、食品の鮮度維持やヒトのヘルスケア分野などに応用されている。
■食品やヘルスケアで活用されているDENBA技術を、ペットの健康維持にも応用へ
ペットが健やかに成長し、また万が一の傷病時にも早期回復できるといったペットの健康維持は、人とペットが共生する上で非常に重要である。ペットの成長や傷病の治癒に関与するさまざまな要因のうち、血流や自律神経を整えるといった機序において『DENBA技術』を応用できる可能性は、これまでのヒト分野の研究等から十分考えられる。そこでアニコム、DENBAJAPANおよびフローエンスは、『DENBA環境』におけるペットの成長や傷病の治癒促進に関する共同研究を行い、ペットの健康維持の一助とすることを目指す。またあわせて、メカニズムの解明や、本共同研究を通じて得られる知的財産の取得を目指していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

朝日生命、東京大学との共同研究 社会連携講座「糖尿病・生活習慣病予防講座」の研究論文が複数の医学誌に掲載

生保

明治安田生命、早稲田大学と「健康経営と企業経営との関係性」の共同研究

生保

大同生命、神戸大学 経済経営研究所と共同研究を開始

生保

大同生命、東洋大学と共同研究を開始

損保

アニコム損保、組織改編および人事異動を発表

損保

アニコム損保、「猫の熱中症週間予報」を6月23日から配信を開始

生保

太陽生命少子高齢社会研究所、株式会社MCBIとの共同研究で、「歩行・思考・会話」する長期の活動が認知症リスクの低下につながる可能性を確認

生保

日本生命、東京大学とのメンタルヘルスに関する共同研究を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、東京大学とマティクス技術の活用によるCO2削減に向け共同研究を開始

損保

アニコム損保、保護動物のシェルター施設「ani TERRACE」オープン

関連商品