シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、ウエストホールディングスとが資本業務提携を締結

あいおいニッセイ同和損保と株式会社ウエストホールディングス(以下「ウエストHD」)は、あいおいニッセイ同和損保がウエストHDの株式を取得し、地域社会のカーボンニュートラル実現に貢献することを目的に資本業務提携契約を2022年6月1日に締結した。
1.背景
カーボンニュートラルに向けた取組みが世界中で加速している中、日本国内では「ESG投資」に多額の資金を振り向けており、企業側にとっては「SDGs」への取り組みの重要性がますます高まっている。
太陽光事業を行うウエストHDでは、大企業のみならず、サプライチェーンに関連する多くの企業に向けての自家消費型太陽光発電の建設、また、グリーン電力の開発として非FIT発電所の開発・建設を行っているほか、111(2022年4月末時点)の地方自治体と協定を締結するなど、カーボンニュートラルに向けた取組みを進めている。
一方で、あいおいニッセイ同和損保では、「地域密着」を行動指針に掲げ、地方自治体への支援・貢献に向けて、404(2022年4月末時点)の地方自治体と連携協定を締結している。
今般、業務提携を締結することにより、互いの強みを活かしあい、地域課題であるカーボンニュートラルの実現を目指していくこととした。
2.資本業務提携の内容
(1)出資内容
ウエストHDの発行済株式の一部をあいおいニッセイ同和損保が取得
(2)業務提携内容
①自治体向け「脱炭素支援メニュー」の共同開発
②地域中小・中堅企業向け「脱炭素導入支援パッケージ」の共同開発
③大規模事業者向け「脱炭素ソリューション」の共同開発
④あいおいニッセイ同和損保が掲げる「CSV×DX※」の理念に基づく、再生可能エネルギー分野の課題解決に向けた保険商品・サービスの共同開発
※CSV…Creating Shared Value(社会との共通価値の創造)
DX…Digital Transformation(データやデジタルを活用し、価値提供を変革させること)
3.今後について
<ウエストHD>
ウエストHDは、「ウエストグループのカーボンニュートラルビジョン2025」をスタートし、社会全体のCO2排出量削減に取り組んでいる。ウエストグループが開発・建設・販売する太陽光発電所、ウエストグループが保有する太陽光発電所、メガソーラー再生事業、ASEAN諸国での太陽光発電所の開発・建設などを中心として、国内外で200万kWの再エネ電源の普及に貢献する。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、テレマの契約者向けに「長く運転を楽しむため」のコンテンツを提供

生保

ライフネット生命、エーザイと、生活者の医療・介護の負担軽減に向けたエコシステムの構築を目指す資本業務提携を締結

損保

あいおいニッセイ同和損保、ダイハツと車両維持費低減と環境負荷軽減に向け共同取組み

損保

あいおいニッセイ同和損保、8月1日付組織改編

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、災害対策支援保険を発売

損保

あいおいニッセイ同和損保、大規模災害時の迅速な避難を保険とアプリで支援

損保

あいおいニッセイ同和損保、自動運転ロボット専用保険プランを提供

損保

あいおいニッセイ同和損保、青木智美選手(競泳)が引退

損保

あいおいニッセイ同和損保、「ソリューション PLUS」セミナーを開発

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】アバター制作および仮想空間(メタバース)を開発

関連商品