シンニチ保険WEB

メットライフ生命、寄付講座「SDGシリーズ講座@鳴子温泉郷森づくり×脱炭素×地域活性化」開催決定

メットライフ生命と公益社団法人日本環境教育フォーラム(JEEF)は、メットライフ財団からの支援により、メットライフ生命創立50周年記念事業の一環として、健全な森林育成を通じた環境保護活動を目的とした「100年後に生きる子ども達に感謝される森づくり」プログラムに取り組んでいる。
今回はその取り組みの一つとして、寄付講座「SDGシリーズ@鳴子温泉郷森づくり×脱炭素×地域活性化」を宮城県・大崎市のエコラの森で開催する。本講座は環境教育を通して、健康的なQOL(Quality of Life)の追求を目指したプログラム提供を目的としている。
【講座内容】
エコラの森の一部は、乱伐され放置されて荒廃した森林である。大きな切り株や伐採したのに価値がないため捨てられた木などがあちこちにある。また、木を切り倒された場所は雑木や雑草が生い茂っている。これらの問題を解決するためにJEEFと協働するNPO法人しんりんでは、「森づくり×脱炭素×地域活性化」をコンセプトに活動を進めている。本活動では、森歩きやバイオマスエネルギーの循環を知ることができる「サスティナヴィレッジ鳴子」の見学、講義等を通して日本の森林における現状を知るとともに、持続可能な森づくりのためにできることを考えていく。
日時:2022年6月20日(月)10時~15時
会場:エコラの森(宮城県大崎市鳴子温泉字玉ノ木70番地)
講師:大場隆博さん(NPO法人しんりん代表理事/鳴子温泉もりたびの会会長)
定員:30名(先着順)
参加費:無料
申し込み:https://www.jeef.or.jp/activities/sdgs-series/
主催:メットライフ財団、公益社団法人日本環境教育フォーラム
協力:鳴子温泉もりたびの会

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、「愛と平和のチャリティーコンサート2022」および三枝 成彰氏による音楽授業「未来を奏でる教室」を開催

生保

富国生命、富山信用金庫との贈呈式を実施

損保

SOMPO環境財団、2022年度環境分野の博士号取得支援「学術研究助成」助成先の決定

生保

メットライフ生命、神戸市立高校の家庭科教職員向け金融教育研修を実施

損保

大同火災、第104回全国高校野球選手権大会出場校への寄付金贈呈

生保

メットライフ生命、兵庫県、神戸市、兵庫県緑化推進協会と「企業の森づくり活動への取組に関する協定」を締結

生保

メットライフ生命、長崎市とフードドライブを実施

生保

メットライフ生命、TOKYO FM/JFNで番組協賛を開始

生保

メットライフ生命、ディスクロージャー資料「メットライフ生命の現状 2022」を発行

生保

大同生命、アジア・アフリカの子どもたちに約26万食分の学校給食を寄付

関連商品