新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

メットライフ生命、寄付講座「SDGシリーズ講座@鳴子温泉郷森づくり×脱炭素×地域活性化」開催決定

メットライフ生命と公益社団法人日本環境教育フォーラム(JEEF)は、メットライフ財団からの支援により、メットライフ生命創立50周年記念事業の一環として、健全な森林育成を通じた環境保護活動を目的とした「100年後に生きる子ども達に感謝される森づくり」プログラムに取り組んでいる。
今回はその取り組みの一つとして、寄付講座「SDGシリーズ@鳴子温泉郷森づくり×脱炭素×地域活性化」を宮城県・大崎市のエコラの森で開催する。本講座は環境教育を通して、健康的なQOL(Quality of Life)の追求を目指したプログラム提供を目的としている。
【講座内容】
エコラの森の一部は、乱伐され放置されて荒廃した森林である。大きな切り株や伐採したのに価値がないため捨てられた木などがあちこちにある。また、木を切り倒された場所は雑木や雑草が生い茂っている。これらの問題を解決するためにJEEFと協働するNPO法人しんりんでは、「森づくり×脱炭素×地域活性化」をコンセプトに活動を進めている。本活動では、森歩きやバイオマスエネルギーの循環を知ることができる「サスティナヴィレッジ鳴子」の見学、講義等を通して日本の森林における現状を知るとともに、持続可能な森づくりのためにできることを考えていく。
日時:2022年6月20日(月)10時~15時
会場:エコラの森(宮城県大崎市鳴子温泉字玉ノ木70番地)
講師:大場隆博さん(NPO法人しんりん代表理事/鳴子温泉もりたびの会会長)
定員:30名(先着順)
参加費:無料
申し込み:https://www.jeef.or.jp/activities/sdgs-series/
主催:メットライフ財団、公益社団法人日本環境教育フォーラム
協力:鳴子温泉もりたびの会

関連記事(保険業界ニュース)

生保

プルデンシャル生命、ジブラルタ生命、PGF生命、「第28回ボランティア・スピリット・アワード」応募受付開始

生保協会・団体

生保協会、2024年度も保育所・放課後児童クラブを対象とした助成活動(総額2,500万円)を実施

共済

こくみん共済coop〈全労済〉、「こくみん共済coop文化フェスティバル2024夏」7月20日から開幕

生保

メットライフ生命、51周年もブランド広告を大規模に展開

損保

SOMPOホールディングス、SOMPOケア、「認知症予防を目指した多因子介入によるランダム化比較試験」で成果、「Alzheimer’s&Dementia」(アルツハイマー病協会国際学術誌)に掲載

損保協会・団体

SOMPO環境財団、環境分野の博士号取得支援「学術研究助成」対象者を募集

損保

SOMPO福祉財団、「住民参加型福祉活動資金助成(東日本地区)」を募集

損保協会・団体

SOMPO福祉財団、「自動車購入費助成(西日本地区)」を募集

生保

富国生命、北海道七飯養護学校生徒作品展示会「すまいる・ぎゃらりー」開催

損保

大同火災、令和6年台湾東部沖地震に関する救援金を寄贈

関連商品