シンニチ保険WEB

損保ジャパン、大船渡市とトヨタL&F岩手株式会社との『災害時における電動車両等の支援に関する協定』を締結

損保ジャパンは、SDGsの取組みの一環としての地域の防災・減災に関して、相互協力のもとに推進するため、大船渡市、トヨタL&F岩手株式会社と『災害時における電動車両等の支援に関する協定』を5月25日に締結した。
1.背景・経緯
損保ジャパンは、お客さまの安心・安全・健康な暮らしを支える保険会社として、SDGsの取組みを推進している。そのための取組みとして、幅広いネットワークやリスク管理の専門的なノウハウを活かし、地域活性化と防災・減災の向上に貢献するため、大船渡市に対してトヨタL&F岩手株式会社と連携して本協定をご提案しました。その後、協議を進めた結果、このたびの協定締結に至ったものである。
2.協定の目的と主な内容
大船渡市、損保ジャパン及びトヨタL&F岩手株式会社は、大船渡市において災害が発生し、又は発生するおそれがある場合に、相互に連携し、円滑な災害時応急対策を実施することを目的として、電動車両等の貸与について必要な事項を定める。
3.貸与する電動車両等の種類
貸与する電動車両等は、次に掲げるものとする。
(1)電気自動車
(2)ハイブリッド車(プラグインハイブリッド含む。)
(3)燃料電池自動車
(4)(1)~(3)に掲げるもののほか、電動車両等からの外部給電に必要な機器
(5)フォークリフト等トヨタL&F岩手株式会社が所有する災害対応に関する機器
4.今後について
損保ジャパンは、今後も地方自治体及び地域企業と連携しながら、防災・減災の取組み、ひいてはSDGsに関する取組みを通して、安心・安全・健康で笑顔あふれる社会の実現に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、事業者向け事故防止サービス「スマイリングロード」をリニューアル

損保

損保ジャパン、新たなコミュニティ交通「イコカ―」実証実験の実施

損保

損保ジャパン、未来社会を創る人材集団育成プロジェクト「地域デザインアカデミー」を開講

損保

損保ジャパン、中小企業向け商品テレビCMの全国放映開始

損保

損保ジャパン、南箕輪村と「地域防災力向上等に関する包括連携協定」を締結

損保

損保ジャパン、セーブ・ザ・チルドレンと子どもの安心・安全・健康を守る取組みを開始

損保

大同火災、オキナワ・スタートアップ・プログラムで採択されたDayz社と包括連携協定を締結

損保

損保ジャパン、スマホ世代の医療保険「入院パスポート」藤田ニコルさんを起用したプロモーションを開始

損保

損保ジャパン、「SOMPOダンスプロジェクト」第三弾「脳が活性化するダンス」動画を公開

損保

損保ジャパン、矢巾町とトヨタL&F岩手株式会社との『災害時における応急対策支援に関する協定』を締結

関連商品