新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保ジャパン、大船渡市とトヨタL&F岩手株式会社との『災害時における電動車両等の支援に関する協定』を締結

損保ジャパンは、SDGsの取組みの一環としての地域の防災・減災に関して、相互協力のもとに推進するため、大船渡市、トヨタL&F岩手株式会社と『災害時における電動車両等の支援に関する協定』を5月25日に締結した。
1.背景・経緯
損保ジャパンは、お客さまの安心・安全・健康な暮らしを支える保険会社として、SDGsの取組みを推進している。そのための取組みとして、幅広いネットワークやリスク管理の専門的なノウハウを活かし、地域活性化と防災・減災の向上に貢献するため、大船渡市に対してトヨタL&F岩手株式会社と連携して本協定をご提案しました。その後、協議を進めた結果、このたびの協定締結に至ったものである。
2.協定の目的と主な内容
大船渡市、損保ジャパン及びトヨタL&F岩手株式会社は、大船渡市において災害が発生し、又は発生するおそれがある場合に、相互に連携し、円滑な災害時応急対策を実施することを目的として、電動車両等の貸与について必要な事項を定める。
3.貸与する電動車両等の種類
貸与する電動車両等は、次に掲げるものとする。
(1)電気自動車
(2)ハイブリッド車(プラグインハイブリッド含む。)
(3)燃料電池自動車
(4)(1)~(3)に掲げるもののほか、電動車両等からの外部給電に必要な機器
(5)フォークリフト等トヨタL&F岩手株式会社が所有する災害対応に関する機器
4.今後について
損保ジャパンは、今後も地方自治体及び地域企業と連携しながら、防災・減災の取組み、ひいてはSDGsに関する取組みを通して、安心・安全・健康で笑顔あふれる社会の実現に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、秋田銀行を通じた「事業継続マネジメント簡易診断サービス」の提供開始および「BCPセミナー」開催

損保

SOMPOホールディングス、損保ジャパン、業務改善計画の進捗状況(開示事項の経過・2024年5月末時点)および保険料調整行為に関する社外調査委員会による調査報告書を受領

損保

損保ジャパン、AI教習所、安心で安全な運転を支えるエコシステム「運転の人間ドック」構想の実現を目指して、共同研究を開始

生保

アクサ生命、浜松市と健康経営の推進に関する連携協定を締結

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、GHG排出量を衛星画像で解析するMomentick社と実証実験を開始

生保

住友生命、栃木県宇都宮市においてVitalityを活用した連携事業を開始

生保

住友生命、愛知県豊橋市においてVitalityを活用した連携事業を開始

損保

損保ジャパン、洋上風力発電所リスク評価モデルを刷新、保険引受の高度化に活用

損保

損保ジャパン、戦略子会社少額短期保険「Mysurance」の累計契約件数が100万件突破

損保

損保ジャパン、乗合代理店と保険会社間で発生した保険契約情報の不適切な情報管理が発覚

関連商品