新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、CO2排出量算出・可視化サービス「zeroboard」を全国の中小企業に無償提供

あいおいニッセイ同和損保は、中小企業に対する脱炭素経営支援策として、CO2排出量算出・可視化クラウドサービス「zeroboard」を、同社取引有無を問わず全国の中小企業向けに6月以降無償で提供する。
また、これに先立ち、4月より保険専業代理店に先行して無償提供を行うことで、企業へのスムーズな導入提案を実現するとともに、ビジネスパートナーである保険代理店の脱炭素経営の支援を開始している。
近年、日本国内・世界各国で脱炭素の動きが急激に加速しており、脱炭素経営に舵を切る企業が増加している。また、サプライチェーン全体でCO2排出量の削減を目指す大企業等から、目標設定等の排出削減を求められる中小企業も散見され、脱炭素は企業規模に関わらず、すべての企業・団体の経営課題となりつつある。
一方、中小企業においては、脱炭素に向けた対策の必要性は感じているものの、具体的な手段が分からず、取り組みが十分に進んでいない現状がある。
今般、同社は自社のCO2排出量削減に加えて、お客さまや保険代理店をはじめ、企業経営者の皆さまとともにCO2排出量削減に取り組むことを目的に、全国の中小企業とプロ会会員の保険代理店へzeroboardの無償提供を開始した。
◆サービスの概要
・提供先
全国の中小企業及び保険専業代理店(プロ会会員等)
・サービスの内容
zeroboardのサイト上にガソリン・電力使用量を入力することで、利用者自身のCO2排出量を算出・可視化し、前月や対前年同月比など、脱炭素取り組みの進捗が把握できる
・提供スキーム
同社がzeroboardのアカウントを一括購入し、無償で提供
(提供可能数には限りがある)
・提供開始時期
2022年6月(対象代理店には4月より先行提供)
・無償利用期間
2024年5月(先行提供する対象代理店には2024年3月まで)
※有償での継続利用は可

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】個人向け傷害保険にAI身体機能分析「Care Wizトルトforme」を付帯

損保

あいおいニッセイ同和損保、代理店による保険会社へのメール連絡に伴う個人情報漏洩が判明

損保

あいおいニッセイ同和損保、自動車修理工場のサービス品質可視化・ESG経営推進に向けた取り組みを開始

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、「MS&ADサイバーリスクファインダー 取引先診断サービス」の提供開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、新スマート物流を展開する「株式会社エアロネクスト」と資本業務提携

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、中継輸送専用の自動車保険を販売開始

生保

あいおいニッセイ同和損保、テレマティクスデータと音声アラートを活用した「児童の交通事故防止」に向けた共同実証実験を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、被災地の学校、地域の学校へベルマーク約124万点を寄贈

損保

あいおいニッセイ同和損保、気象災害に関わる課題解決を目指し降雹アラートサービスを6月から無償提供開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、産学連携:上智大学との連携講座を今年度も開講

関連商品