シンニチ保険WEB

三井住友海上、信用力 スコアリングサービス「個人向け自動車ローン等の審査モデル」構築

三井住友海上とセカンドサイトアナリティカ(以下「セカンドサイト」)は、AIを活用した自動車ローン・リース分野における個人の信用力を評価する新たなスコアリングサービス「個人向け自動車ローン等の審査モデル」を3月に構築した。
本サービスの導入に向けて、Global Mobility Service(以下「GMS」)および自動車販売事業者とも連携し、審査モデルの実証を行う。
現在、自動車購入者の約4割がローンやリース等のファイナンスを活用している。また、サブスクリプションサービス等、自動車の利用における選択肢も多様化し、今後もファイナンス需要は一層の増加が見込まれる。
一方、自動車ローン等の審査における非通過者数は年間約200万人に上るといわれ、ファイナンスの与信審査が難しいフリーランス等の人口もコロナ禍で近年増加している。
そのような中、三井住友海上は「保険データの活用」と「提携パートナーとのアライアンス」により、働く意欲のある人の信用力を評価する新たなローン審査モデルを構築し、社会課題の解決を図る。
◆自動車ローン等の審査モデルの概要
三井住友海上に加え、金融機関のAIを活用した与信審査モデル構築に強みを持つセカンドサイト、自動車販売事業者および自動車の遠隔起動制御装置を取り扱うGMSが保有するデータ※を活用し、デフォルト予測や最適な貸付額算出等、ファイナンスの与信を評価する新たなローン審査モデルを構築する。
※個人が特定される情報は含まれない

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、自然災害に関する調査を実施

損保

三井住友海上、吉沢亮さん、清野菜名さんが共演するラジオCMの放送を開始

損保

三井住友海上、林業者向け火災保険「フォレストキーパー」の販売開始

損保

三井住友海上、施設所有(管理)者賠償責任保険「汚染損害拡張補償特約」の販売開始

損保

三井住友海上、大阪スマートシティパートナーズフォーラムのコーディネーターに3期連続に選出

損保

三井住友海上、新居浜地域スマートシティ推進協議会における交通事故発生リスクのAI予測等に関する実証実験

損保

三井住友海上、船舶保険「海洋汚染対応追加費用補償特約」の販売開始

損保

三井住友海上、「第106回日本陸上競技選手権大会」女子3000mSCで西山未奈美選手が3位入賞

損保

三井住友海上、「第33回日本パラ陸上競技選手権大会」女子5000mで道下美里選手がアジア記録を更新し優勝

損保

三井住友海上、自然資本・生物多様性の保全・回復に資する商品・サービスを展開

関連商品