シンニチ保険WEB

アニコム損保、保護動物のシェルター施設「ani TERRACE」オープン

アニコム損保およびグループ会社であるアニコム先進医療研究所は、三重県多気町の商業リゾート「VISON(ヴィソン)」において、4月29日より保護犬・保護猫のシェルター施設「ani TERRACE(アニテラス)」の運営を開始する。
「ani TERRACE」は、2020年2月に三重県とアニコム ホールディングスの間で締結した「動物愛護の推進等の連携に関する協定」に基づき、“動物の殺処分ゼロ”を目指す施設として4月29日にオープンする。施設では同日から、保護動物の譲渡とペットホテル、ドッグランの営業をスタートする。保護動物のシェルター事業としては、三重県動物愛護推進センター「あすまいる」に収容された犬・猫等を同施設で一時的に預かり、心のケア(トレーニングやしつけ)と身体のケア(医療・フードなど)を行い、新たな飼い主に譲渡する取り組みを行う。
一方でペットと一緒にVISONを訪れたお客様に対しては、ペットを預かるホテルやドッグランなど、VISON滞在を楽しめるサービスを提供する。
また、今後の展開として、将来的に老犬ホームの営業・高齢者の飼育サポートを開始する予定である。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

アニコム損保、組織改編および人事異動を発表

損保

アニコム損保、「猫の熱中症週間予報」を6月23日から配信を開始

損保

アニコムグループ、DENBA JAPAN、フローエンス、ペットの健康維持に向けた共同研究を開始

損保

アニコム損保、『ウクライナのペット救援募金』プロジェクトを実施

損保

アニコム損保、【2021最新版】ペットにかける年間支出を調査

損保

アニコム損保、「猫の名前&人気猫種ランキング」2022年最新版を一挙公開

損保

アニコム損保、アニコムグループと環境大善、ペットの健康維持に向けた共同研究を開始

損保

アニコム損保、『人気犬種ランキング2022』を発表

損保

アニコム損保、日本初、ペット保険の契約件数が100万件を突破

損保

アニコム損保、保険証・商品ロゴ・パンフレットをリニューアル

関連商品