新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、保育園・幼稚園・認定こども園用「こどもKYT+SDGsの超きほん」の提供を開始

あいおいニッセイ同和損保は、保育現場へ安全・安心を提供するため、リスクマネジメントツール「保育園・幼稚園・認定こども園用『こどもKYT※+SDGsの超きほん』」を4月から提供する。
※ 危険予知訓練の略。事故の未然防止というカテゴリーにおいて、危険に関する「気づきの感性」を高め事故を防止していくといった面で効果的であると言われている。
保育園等の就学前施設に存在する危険・事故は、事業者が主体的に回避することが求められているが、危険・事故は様々な要因が重なり発生するものであり、それら全てを保育事業者や保育者のみで回避することは困難だと言われている。しかしながら、現状の事故防止活動は施設の環境整備や保育者への指導等が重視されている傾向にある。そのため、就学前施設に存在する危険・事故を無くすためには、怪我を負う“子ども自身の危険回避力の育成”も重要になってくる。
また、世界的にSDGsへの取り組みが進む中、保育事業者においては、取り組みの必要性は感じているものの、具体的な手段が分からず、取り組みが十分に進んでいない現状がある。
こうした背景を踏まえ、同社は、子どもの“危険に関する感受性”を高めると同時に、SDGs教育も行うことが出来る「こどもKYT+SDGsの超きほん」を提供することとした。◆保育園・幼稚園・認定こども園用「こどもKYT+SDGsの超きほん」の概要と特長
(1)概要
イラストを使った子どもたちとのディスカッションを通じて、危険につながる行動とは何か、安全な行動とは何かについて自由な発想を引き出し、子どもたち自身が「どうしたら安全に生活できるか」について考えることを促す。また、イラストにはSDGsで掲げる目標をテーマとしたコンテンツも挿入しており、幼少期から環境問題や社会問題に触れ、興味を持ってもらうことができる。
(2)特長
①保育現場で実施する「手洗い」や「工作」など、15の場面をイラストにしている
②年次が高くなる毎に、経験と照らし合わせながら学びを深めていくことができる
③SDGsで掲げる17個の目標のうち、子どもにもわかりやすい目標を中心に構成し理解促進を図る
④こどもKYTに取り組むことで、就学前施設におけるSDGsの具体的な活動につながる
◆今後の展開
保育現場の子どもの安全とSDGsの達成といった2つの課題に対応すべく、全国の保育事業者に対し、「こどもKYT+SDGsの超きほん」の導入提案を行う。
同社の目指す姿である「CSV×DXを通じて、お客さま・地域・社会の未来を支えつづける」ため、以下のコンセプトを基に、社会・地域課題の解決に取り組み、事故の未然防止・損害の極小化・SDGsの達成に貢献する。
(1)共有価値の創造(Creating Shared Value)
安全・安心面を支援することで保育事業者や保育者の安全スキルを向上し、子ども・保護者が安心して過ごせる環境を提供することで社会・地域の課題解決を目指す。
(2)まだ誰も知らない安心を、ともに。
保育事業者や保育者の安全力向上といった従来の手法に加え、子ども自身の危険回避力を育むといった今までにない事故防止手法を取り入れることで、より一層安全な環境を提供していく。
(3)SDGs思考を育む
事故防止ツールである「こどもKYT」にSDGsの要素を取り入れることにより、明るい未来を創る子どもたちにSDGsに触れる機会を創出し、SDGs思考を育む。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】iDeCo(個人型確定拠出年金)の運営管理手数料を無料に

損保

あいおいニッセイ同和損保、東北大学および仙台放送が開発した企業向け運転技能向上トレーニングアプリ「BTOC」の提供を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】個人向け傷害保険にAI身体機能分析「Care Wizトルトforme」を付帯

損保

あいおいニッセイ同和損保、代理店による保険会社へのメール連絡に伴う個人情報漏洩が判明

損保

あいおいニッセイ同和損保、自動車修理工場のサービス品質可視化・ESG経営推進に向けた取り組みを開始

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、「MS&ADサイバーリスクファインダー 取引先診断サービス」の提供開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、新スマート物流を展開する「株式会社エアロネクスト」と資本業務提携

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、中継輸送専用の自動車保険を販売開始

生保

あいおいニッセイ同和損保、テレマティクスデータと音声アラートを活用した「児童の交通事故防止」に向けた共同実証実験を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、被災地の学校、地域の学校へベルマーク約124万点を寄贈

関連商品