新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

東京海上日動、「防災コンソーシアム(CORE)」を始動

東京海上日動は、同社が発起人を務める「防災コンソーシアム(CORE)」を創立メンバーとともに2022年4月20日から始動する。
同社は、多種多様な業界の企業・団体と「防災コンソーシアム(CORE)」を通じてパートナーシップを組むことで、それぞれの法人が持つ技術やデータを活用した防災・減災事業の共創を図り、災害に負けない強靭な社会の構築に貢献していく。
1.背景
同社は、発起人として「防災コンソーシアム(CORE)」を2021年11月に発足させた。コンソーシアム発足以降、創立メンバー14法人が中心となり、コンソーシアムの運営方針や分科会のテーマについて協議を続けてきた。今後、「国土強靭化基本計画」に沿った防災・減災の新しい取り組みを加速・促進する新たなサービスの創出・市場展開などの具体化を目指して、2022年4月よりコンソーシアムを本格始動することとした。
2.「防災コンソーシアム(CORE)」の運営について
本コンソーシアムは、全体会と分科会で構成される。全体会では、コンソーシアムの運営方針決定や知見・成果の発信、国・自治体等との連携、産学連携などを担い、分科会ではコンソーシアム参画法人間の協業により高度化されたサービスの創出・市場展開などを担う。2022年1月から、コンソーシアム参画法人の募集を開始しており、既に30法人(2022年3月31日時点)の参画が決定している。
コンソーシアムの始動にあたり、コンソーシアムに参画する各法人が取り組みを進めている防災・減災に関するノウハウを集約し、新たにテーマごとの分科会を発足する。具体的には、災害に負けない強靭な社会実現に向けて、以下5つのテーマについて活動を進めていく。今後、分科会ごとの課題を明確にし、さらにテーマを増やしていく予定である。
【分科会テーマ】
①リモートセンシング活用によるインフラ維持管理ソリューションの創出
②避難につながる災害の事前予測
③リアルタイムハザードマップの開発
④デジタル技術を活用した被害調査および復旧・復興の迅速化
⑤オールハザードのリスク評価とまちづくり・防災対策への活用

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、世界銀行グループMIGA(多数国間投資保証機関)とパートナーシップ協定を締結

損保

東京海上日動、Finatextバックオフィス業務のシステムにおいてスタートアップ・中小企業向け組込型保険の提供を開始

損保

東京海上日動、建設機械向けレコーダーを活用したテレマティクスサービス(Ci-REC)国土交通省の新技術情報提供システム「NETIS」に登録

損保

東京海上日動、住まいの防災・減災情報の提供開始

損保

東京海上日動、【業界初】こどもの将来に向けた教育継続を支援する「教育継続支援特約」の販売開始

損保

東京海上日動、お客様への価値提供の拡大に向けた「レジリエンス」の取り組みを公表

損保

東京海上日動とアニコムがペット保険を共同で販売

損保

東京海上日動、サイバーリスク評価の高度化ならびに企業のサイバーセキュリティ強化に向けたアマゾンウェブサービス(AWS)との技術連携

損保

東京海上日動、【国内初】緊急時に代行輸送手配サービスを提供する運送保険の提供開始

損保

東京海上日動、宇宙旅行を支援する取り組みを開始

関連商品