新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保ジャパン、「アンモニア輸送専用保険」を開発

損保ジャパンは、次世代のクリーンエネルギーであり、水素のエネルギーキャリア※としても有用なアンモニアの輸送向け専用保険を4月1日から販売開始する。なお、アンモニア輸送向けの専用保険の開発は国内初となる。また、SOMPOリスクマネジメントは、アンモニアを取り扱う施設のリスク調査サービスを提供する。 2020年10月、政府は2050年にカーボンニュートラルを目指すことを宣言した。その実現のため、2020年12月25日に経済産業省が策定した「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」の14の重点分野の1つとして「水素・燃料アンモニア産業」が盛り込まれている。さらに政府は2022年3月1日に、エネルギー使用量の多い1万2000社の企業に対して水素・アンモニアなどを含む「非化石エネルギー」の使用割合の目標設定を義務付けるエネルギー使用合理化法改正案の閣議決定を行った。このような背景等により、今後も水素・アンモニアなどのエネルギー利用が一層高まる見込みである。
アンモニアは燃焼しても二酸化炭素が発生しないことに加えて、水素のエネルギーキャリアとしても有用であることから、エネルギー分野での活用に対して期待が高まっている。期待される利活用方法の社会実装に向けて、海外からの大量輸入や国内での製造から利活用におけるサプライチェーンの構築が必要となっている。さらに、2022年1月7日には新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が、経済産業省と連携した「燃料アンモニアサプライチェーンの構築」プロジェクトの着手を発表し実用化に向けた取組みも進んでいる。
損保ジャパンはブランドスローガン「Innovation for Wellbeing」に則した独自色のある商品の開発を加速し、お客さまの課題および社会課題の解決を通じて、よりよい社会を実現していくことを目指している。
このたび、損保ジャパンが有するアンモニア等の輸送における保険引受と事故対応の知見と、SOMPOリスクの、多様な業種・化学プラントにおけるリスクマネジメントの知見を連携し、エネルギー関連事業者に対してサプライチェーンを取り巻くリスクへの保険の提供とリスク調査サービスを提供する。
本取組みを通して、次世代のクリーンエネルギーの実用化を促進し、「“安心・安全・健康のテーマパーク”により、あらゆる人が自分らしい人生を健康で豊かに楽しむことのできる社会を実現する」という「SOMPOのパーパス」の実現を目指す。
※ 気体のままでは輸送が難しい水素を、別の物質に変換して輸送するための物質

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、乗合代理店と保険会社間で発生した保険契約情報の不適切な情報管理が発覚

損保

損保ジャパン、ステーブルコインやデジタルウォレットに関連するWeb3領域のサイバーリスク対策においてみんなの銀行との共同検討を開始

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、トラック滞留時間可視化サービス提供および事故査定業務での活用検証

損保

損保ジャパン、宇宙保険特設サイトを開設

損保

SOMPOホールディングス、損保ジャパン、「東京レインボープライド2024」に協賛・参加

損保

損保ジャパン子会社Mysurance、【日本初】新車購入者と販売店の相互扶助による新保険制度「愛車PROTECTトヨタのミニ車両保険」を全国展開

損保

損保ジャパン、「デバンカー保険」の販売を開始

損保

損保ジャパン、将来の親の介護に備える保険「『マネーフォワードケア』はやめにそなえる介護+傷害補償」への商品提供を開始

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、NeUが職業ドライバーの安全運転寿命延伸に向け業務提携

損保

損保ジャパン、トライボテックスと業務提携

関連商品