シンニチ保険WEB

損保ジャパン、地方における『スポーツワーケーション』の産学官連携による先端技術を用いた効果測定実験を結果報告

損保ジャパン、ANAあきんど株式会社(以下「ANAあきんど」)、株式会社ワイズスタッフ(以下「ワイズスタッフ」)の3社は、新しい働き方の一つである『スポーツワーケーション※1』の客観的な効果検証についての実証実験を大学、日本労働科学学会のサポートを得て実施した。
この結果、『スポーツワーケーション』を実施することで、仕事のパフォーマンスが上がるという“客観的”データが一定程度示された。
今後、国・自治体の政策や企業、大学等と連携し、地方でのテレワーク、ワーケーションの科学的な効用研究を行い、地方創生・新たな働き方の後押しに貢献していく。
なおワーケーションにおけるストレスおよび生産性への影響を、3種類の計測ツール(Happiness Planet※2、Light Checker※3、Fitbit※4)を使うことで客観的データを出し、科学的な効用研究を行うのは全国初※5となる。
※1 『スポーツワーケーション』とは、「バケーション(Vacation)」と「ワーク(Work)」を合わせた言葉の「ワーケーション」に、「スポーツ」を掛け合わせた造語。
スポーツは、全国どこでもできるものとして今回の研究として採用。
※2 株式会社日立製作所が2020年7月に設立した株式会社ハピネスプラネットが提供するスマートフォン用アプリ。
スマートフォンで人の「前向きな心(心の資本)」と「信頼できる関係(ハピネス関係度)」を計測し、向上させるテクノロジー。心の資本はアンケートへの回答により、ハピネス関係度はスマホを3時間身に着けることで計測。
今回の実証では「前向きな心(心の資本)」と「信頼できる関係(ハピネス関係度)」から生産性を推測。
※3 「LightChecker」はスマートフォンのカメラを利用することで、ストレス値を測ることができるSOMPOLightVortex株式会社(以下、ライトボルテックス)が提供するアプリ。
※4 「Fitbit」は歩数、睡眠度を測ることができる時計型ウエアラブル端末。機種はCharge2を使用。
スポーツワーケーション実施組(約3週間のうち、6日間スポーツワーケーション実施)のみ計測。
※5 損保ジャパン調べによる
【実験概要】
1.目的
「ニューノーマル」に対応した地方創生の主要政策として地方創生テレワークやワーケーションが注目されているが、客観的に効果を示すモデルが不在であったため、スポーツワーケーションにおける以下の2点について定量的な効果を検証することを目的とした。
(1)ワーケーションについての効果
(2)スポーツについての効果
2.期間
2021年10月3日から10月22日までの約3週
3.場所
北海道北見市および北海道斜里町
4.効果検証内容
スポーツワーケーション実施組9名(約3週間のうち、6日間スポーツワーケーション実施、以下「SW組」)と通常勤務組35名(約3週間通常勤務、以下「TK組」)に分かれ、HappinessPlanet、LightChecker、Fitbit、WEB調査により参加者の各種データを取得し、効果を検証した。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、大規模自然災害発生時の早期保険金支払いを実現

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、booost technologies株式会社と企業の脱炭素経営・気候変動対応のトータルサポートに向け業務提携

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、アスエネ株式会社と企業の脱炭素経営・気候変動対応のトータルサポートに向け業務提携

損保

損保ジャパン、世界銀行が発行する「サステナブル・ディベロップメント・ボンド」に投資

損保

損保ジャパン、「PayPayほけん」ミニアプリ「コロナお見舞い金」販売停止

損保

損保ジャパン、Space BD宇宙産業の発展を目的とした包括協力協定を締結

損保

損保ジャパン、石川県小松市における2大交通拠点をつなぐ自動運転バスの導入に向けた連携協定を締結

損保

損保ジャパン、亀岡市と「SDGs推進に関する包括連携協定」を締結

損保

損保ジャパン、人材育成体系の抜本的な見直し

損保

損保ジャパン、「お客さま本位の業務運営方針」の改定と「お客さまの声白書2022」の発行

関連商品