新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保ジャパン、「SOMPOケアラヴィーレレジデンス横浜本郷台」に絵画寄贈

損保ジャパンは、SOMPOケア株式会社(以下「SOMPOケア」)が新たにオープンするサービス付き高齢者向け住宅「SOMPOケアラヴィーレレジデンス横浜本郷台」へ所蔵絵画を寄贈した。
1.背景
損保ジャパンは、「ARTforWellbeingプロジェクト」を始動し、アートで「つながる」、アートを「ささえる」活動を基盤とし、さらにアートを「活かす」活動を展開することで、文化・芸術活動を通じたブランドスローガンである「Innovation for wellbeing」の実現にむけて取り組んでいる。
WHOにおいて「健康とWellbeingにおけるアートの役割に関するエビデンス」に関するレポートが発表されるなど、健康、Wellbeingとアートの相互関係が注目を集めている。
コロナ禍において、外出や趣味を楽しむことなどに制限のあるSOMPOケアの利用者に、場所を問わず美術鑑賞ができる取組みとして、SOMPO美術館の企画展の動画をSOMPOケア施設の500を超えるサイネージに展開している。今般、その取組みをさらに発展させ、新たにオープンする「SOMPOケア ラヴィーレレジデンス横浜本郷台」に、そのコンセプトに合う絵画を寄贈し、鑑賞機会を提供することで、入居者のWellbeingに繋げる。
2.寄贈先施設・寄贈絵画
・施設名:「SOMPOケアラヴィーレレジデンス横浜本郷台」
・施設所在地:神奈川県横浜市栄区小菅ケ谷1-22-5
・オープン日:2022年4月1日
・寄贈絵画:宮田三郎作「横浜港」をはじめとする絵画5点
3.今後について
損保ジャパンは、「”安心・安全・健康のテーマパーク”により、あらゆる人が自分らしい人生を健康で豊かに楽しむことのできる社会を実現する」という「SOMPOのパーパス」実現に向けて、社会価値創出の取組みを進めており、「すべての人々・地域・社会に、たくさんの笑顔と活力ある確かな明日とお届けする」ことをビジョンにしており、本取り組みをはじめ、SDGs達成に向けた取組みを継続していくことで、社会課題の解決および持続可能な社会の実現に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】豊田信用金庫と共同寄付スキーム寄付金を贈呈

生保

富国生命、すまいる・こんさーと(岩手)開催

生保

ライフネット生命、環境保全に貢献する「みらいの森づくりプロジェクト」を実施

損保

アニコムホールディングス、『モロッコ大地震・リビア大洪水におけるどうぶつ救援募金』使途を報告

生保

朝日生命、東京湾UMIプロジェクト「アマモ場再生活動」を実施

損保

損保ジャパン、秋田銀行を通じた「事業継続マネジメント簡易診断サービス」の提供開始および「BCPセミナー」開催

損保

SOMPOホールディングス、損保ジャパン、業務改善計画の進捗状況(開示事項の経過・2024年5月末時点)および保険料調整行為に関する社外調査委員会による調査報告書を受領

生保

明治安田生命、「愛と平和のチャリティーコンサート2024」および三枝成彰氏による音楽授業「未来を奏でる教室」を開催

生保

ジブラルタ生命、ベルマーク運動への支援金額が1億円を達成~生命保険会社初

共済生保

日本生協連と石川県生協連、「令和6年能登半島地震」による被災県への支援金として300万円を石川県社会福祉協議会へ贈呈

関連商品