新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、AIを活用した通話分類・自動要約システムの実証実験を開始

あいおいニッセイ同和損保とコンタクトセンター向け会話型サービス自動化プラットフォームのリーディングカンパニーであるユニフォア・テクノロジーズ・ジャパン株式会社(以下ユニフォア)は、ユニフォアの通話要約システムU-Assistを活用したコンタクトセンター(以下、CC)業務の自動化に関する実証実験を2022年3月から実施する。
1.背景・目的
あいおいニッセイ同和損保のCCでは、お客さまからのお問い合わせ内容について、応対したコミュニケーターが通話内容を記録して手動で分類・要約した上で、関連する営業店や代理店に連携しているが、その件数は年間約100万件にも及ぶため、通話中や終了後の事務処理に多くの時間を費やしている。このため、音声データのテキスト化や自動要約システムの検討を進めておりますが、現状では、日本語独特の同音異義語や似た発音の単語が多いことから、自動化の本格運用には課題があった。
そのため、今般、現状の課題克服に向けて、世界10ヵ国100社以上のCCに通話分類・自動要約システムを導入するユニフォアのコア技術であるU-Assistを活用した国内初の実証実験を実施することとした。
2.U-Assistの特長
U-Assistは、通話内容全体をベースに分類・要約するのではなく、通話内容を分類するキーワードと、通話データの活用方法に応じた要約項目をあらかじめ設定し、深層学習、機械学習を活用した言語理解モデルを用いることでリアルタイムの自動分類精度を高めることが可能である。また、従来のシステムでは、音声データのテキスト化、分類、要約の各プロセスが別システムとなっていたが、U-Assistは音声データを投入するだけであるべての処理を一元的に行うことが可能であり、維持・運用がしやすいことも特徴である。
3.実証実験の概要
あいおいニッセイ同和損保の約2000件、延べ80時間分の通話データを、実証実験用のクラウド環境(ユニフォアにて日本国内に構築)に投入し、U-Assistにて通話分類と自動要約化を行い、要約精度の向上を図る(精度目標は、ユニフォアの海外実績の指標である85%)。分類・自動要約化の結果は、U-Assistから出力される内容と通話データを照合して精度を検証する。
※通話分類は、自動車保険の「車両入替」に関わる通話とそれ以外の通話に自動分類する。
※自動要約化は、「車両入替」と分類された通話データに対して、要約に必要な複数の項目を予めU-Assistに機械学習させて、営業店等に連携するテンプレートに応じて必要な要約項目を自動的に抽出する
4.今後の展開
あいおいニッセイ同和損保は、これまで音声認識技術の活用など業務自動化に向けたデジタル技術の活用を積極的に行ってきた。本実証実験で分類・要約自動化の手法や精度を検証し、お客さま対応時間の短縮、精度向上に向けてU-Assistの導入を検討していく。
ユニフォアは、本検証を踏まえて、日本国内のCC業務におけるリアルタイムコミュニケーター支援の実用化を目指し、データサイエンス・自然言語理解のスペシャリストを増員し、日本語要約精度の検証、向上を図る。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

大同生命、野村総研とヘルスケアデータ活用に向けた実証実験を実施~継続的な睡眠データのモニタリングにより参加者の6割以上が、睡眠に対する意識の高まりを実感

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、GHG排出量を衛星画像で解析するMomentick社と実証実験を開始

損保

イーデザイン損保、NTTCom、生成AIを活用した顧客接点の高度化の実証実験を実施

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】iDeCo(個人型確定拠出年金)の運営管理手数料を無料に

損保

あいおいニッセイ同和損保、東北大学および仙台放送が開発した企業向け運転技能向上トレーニングアプリ「BTOC」の提供を開始

損保

三井住友海上、ドライブレコーダー映像を活用した消防・救急活動の実証実験を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】個人向け傷害保険にAI身体機能分析「Care Wizトルトforme」を付帯

損保

あいおいニッセイ同和損保、代理店による保険会社へのメール連絡に伴う個人情報漏洩が判明

損保

あいおいニッセイ同和損保、自動車修理工場のサービス品質可視化・ESG経営推進に向けた取り組みを開始

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、トラック滞留時間可視化サービス提供および事故査定業務での活用検証

関連商品