新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、MOTER社がMGA事業の基幹システムに米国スタートアップ企業SocotraのITプラットフォームを採用

あいおいニッセイ同和損保とMS&AD Ventures Inc.(以下 MS&AD Ventures)※1は、保険ソフトウェア※2開発を行うあいおいニッセイ同和損保100%子会社のMOTER Technologies Inc.(以下 MOTER)※3がMGA事業※4の立ち上げを見据え、米国スタートアップ企業SocotraのITプラットフォームを採用した。
※1 米国シリコンバレーにあるMS&ADインシュアランス グループ100%子会社のコーポレート・ベンチャー・キャピタル。
※2 自動車から得られる膨大なデータから保険面で必要なデータを抽出し、リアルタイムにリスク分析・保険料計算を行う。
※3 保険ソフトウェアの研究開発を行うため2021年4月に米国で設立された保険ソフトウェア開発会社。
※4 Managing General Agent(MGA):保険引受を除く保険会社機能を有する総括代理店。
◆ITプラットフォームの概要
(1)全体像
Socotraは、クラウドベースのITプラットフォーム(SaaS型※5)を提供している。契約計上や保険料の収納・精算、顧客管理、事故対応(保険金支払い手続き等)といったMGAが担う機能をワンストップで提供し、クラウド環境上に安全性・迅速性・柔軟性に優れたMGA基幹システムの構築を可能とする。
※5 Software as a Serviceの略称で、クラウド上にあるソフトウェアをネットワーク経由で利用するモデル。システム開発が不要となるため、導入の準備期間も短く、導入コストも大きく下げることが可能。
(2)特長
安全性:常時、最新・最適な機能にアップデートすることで、システムの高い安全性を確保
迅速性:導入までの準備期間を大幅短縮
柔軟性:多様なデータに対応でき、事業拡張に合わせた柔軟な機能追加が可能
◆Socotraとは
Socotraは、保険システム開発のアジャイル化※6といったビジョンを掲げ、クラウド技術を駆使したソリューションを提供する米国のITスタートアップ企業である。大手保険会社のみならず、MGAを含む多くのインシュアテック企業がSocotraのITプラットフォームを採用している。
※6 開発途中の仕様・要件変更に柔軟に対応し、サービスインまでの期間を短縮する開発手法。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】iDeCo(個人型確定拠出年金)の運営管理手数料を無料に

損保

あいおいニッセイ同和損保、東北大学および仙台放送が開発した企業向け運転技能向上トレーニングアプリ「BTOC」の提供を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】個人向け傷害保険にAI身体機能分析「Care Wizトルトforme」を付帯

損保

あいおいニッセイ同和損保、代理店による保険会社へのメール連絡に伴う個人情報漏洩が判明

損保

あいおいニッセイ同和損保、自動車修理工場のサービス品質可視化・ESG経営推進に向けた取り組みを開始

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、「MS&ADサイバーリスクファインダー 取引先診断サービス」の提供開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、新スマート物流を展開する「株式会社エアロネクスト」と資本業務提携

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、中継輸送専用の自動車保険を販売開始

生保

あいおいニッセイ同和損保、テレマティクスデータと音声アラートを活用した「児童の交通事故防止」に向けた共同実証実験を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、被災地の学校、地域の学校へベルマーク約124万点を寄贈

関連商品