新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、ブルームバーグ社のバイサイド向けソリューションであるオーダーマネジメントシステムAIMとPORTエンタープライズを導入

あいおいニッセイ同和損保は、ブルームバーグ社と協業し、資産運用業務の大幅な業務改善と新しい働き方の実現に向けた新システムを4月より導入する。 同社は、中期経営計画「AD Vision 2021」に掲げた、デジタル技術によるプロセス・サービス等の効率化・利便性向上とビジネス全体の変革に取り組んでおり、今般、資産運用業務においてこれらの課題を解決するため、ブルームバーグ社が提供するオーダーマネジメントシステムであるアセット&インベストメントマネジャー(以下AIM)および、ポートフォリオ&リスク分析プラットフォームであるポートエンタープライズ(以下PORTエンタープライズ)を4月より導入することとした。
◆概要
(1)AIMおよびPORTエンタープライズについて
AIMは、ポートフォリオとリスクの管理、売買計画の作成および確認、注文執行自動化、約定後自動照合、コンプライアンス強化、後続システムとの自動連携などの機能をもった、あらゆる資産クラスに対応するグローバルな証券取引プラットフォームである。
PORTエンタープライズは、投資のプロフェッショナル向けのマルチアセット対応型の強力なポートフォリオ&リスク分析ツールである。ポートフォリオアップロード、レポート作成まで一貫した自動化によるワークフローを会社全体において可能にする。またブルームバーグの豊富なデータと頑健なポートフォリオモデルによる分析機能により、日中モニター、特性、要因分析、トラッキングエラー、シミュレーション、最適化、トランザクション分析、簿価分析など、様々なポートフォリオ分析結果をブルームバーグ端末またはレポートにて迅速に取得することが可能である。
(2)同社資産運用業務で期待する効果
①資産運用収益力の強化
PORTエンタープライズを利用することで、様々な資産で構成されるポートフォリオの過去のパフォーマンスの分析、ストラクチャーの把握、リスクの測定、投資アイディアのシミュレーション等が可能になる。複雑化する金融市場の分析力を拡充し、アセットアロケーション機能やデリバティブを活用したヘッジ取引の強化に取り組むことで、資産運用収益力の一層の強化を実現する。
②作業時間 10,000時間/年の削減
AIMやPORTエンタープライズを利用した業務変革、業務基盤の強化により、証券取引業務にかかる作業時間を年間10,000時間削減するとともに、リモート勤務や在宅勤務等の勤務形態によらない安定的な資産運用が可能となる。
③紙使用量 1t/年の削減
AIMを利用することで、証券取引業務における自動化、効率化、高度化およびペーパーレス化が実現する。また、AIMとあわせてクラウド上の工程管理システムを用いて、社内稟議から注文執行、約定照合、資金決済といった資産運用業務の全体の業務の流れについて、電子ワークフロー化することで、処理状態の見える化、処理の迅速化、データの一元化、業務精度の向上を実現する。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】個人向け傷害保険にAI身体機能分析「Care Wizトルトforme」を付帯

損保

あいおいニッセイ同和損保、代理店による保険会社へのメール連絡に伴う個人情報漏洩が判明

損保

あいおいニッセイ同和損保、自動車修理工場のサービス品質可視化・ESG経営推進に向けた取り組みを開始

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、「MS&ADサイバーリスクファインダー 取引先診断サービス」の提供開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、新スマート物流を展開する「株式会社エアロネクスト」と資本業務提携

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、中継輸送専用の自動車保険を販売開始

生保

あいおいニッセイ同和損保、テレマティクスデータと音声アラートを活用した「児童の交通事故防止」に向けた共同実証実験を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、被災地の学校、地域の学校へベルマーク約124万点を寄贈

損保

あいおいニッセイ同和損保、気象災害に関わる課題解決を目指し降雹アラートサービスを6月から無償提供開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、産学連携:上智大学との連携講座を今年度も開講

関連商品