シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、団体総合生活補償保険「八大疾病一時金補償特約」の販売を開始

あいおいニッセイ同和損保は、「元気で長生きを支える社会」の実現に向けて、八大疾病を発病し診断確定された場合等に一時金を支払う「八大疾病一時金補償特約」を開発し、10月1日以降の保険始期契約から販売を開始する。
三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)に加え、「糖尿病」、「高血圧性疾患」、「慢性腎不全」、「肝硬変」および「慢性膵炎」の5つの生活習慣病を含めた八大疾病は、国民の7人に1人が発病しているといわれている。生活習慣病は一度発病すると完治が難しく、また、重症化すると様々な合併症を引き起こすリスクが高くなるとされている。さらに、投薬や人工透析療法等、通院治療が長期化する傾向にあるため治療費の負担が重くなるほか、入院した場合は退院後、日常生活に戻るまでは生活費の負担も重くなるため、生活習慣病を補償する保険のニーズや関心は年々高まっている。
同社ではこのような状況を踏まえ、八大疾病を発病し診断確定された場合、または所定の症状の診断がされた場合等に一時金をお支払いする「八大疾病一時金補償特約」を開発した。
◆新特約の概要
(1)特約名称
八大疾病一時金補償特約
(2)対象商品
団体総合生活補償保険の「疾病補償特約」をセットした場合に、付帯することができる。
(3)補償内容
下表の疾病を発病し、保険期間中に保険金支払要件に該当した場合に、それぞれの疾病の種類ごとに一時金を支払う
①がん
<保険金支払要件>
診断確定された場合
<保険金支払回数>
2年に1回
②急性心筋梗塞
<保険金支払要件>
発病し、60日以上の労働制限が必要と医師によって診断された場合
<保険金支払回数>
1回のみ
③脳卒中
<保険金支払要件>
発病し、60日以上、他覚的な神経学的後遺症が継続したと診断された場合
<保険金支払回数>
1回のみ
④糖尿病
<保険金支払要件>
糖尿病性網膜症または糖尿病性壊疽と診断された場合
された場合
<保険金支払回数>
1回のみ
⑤高血圧性疾患
<保険金支払要件>
大動脈瘤解離または大動脈瘤と診断された場合
された場合
<保険金支払回数>
1回のみ
⑥慢性腎不全
<保険金支払要件>
診断され、人工透析療法または腎移植手術を受けた場合
<保険金支払回数>
1回のみ
⑦肝硬変
<保険金支払要件>
診断された場合
<保険金支払回数>
1回のみ
⑧慢性膵炎
<保険金支払要件>
診断された場合
<保険金支払回数>
1回のみ
(4)保険金額
100万円を上限に任意で設定することができる。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

PGF生命、十六銀行で「米国ドル建終身保険(保険料円払込型)」を販売開始

生保

第一生命、ミレニアル世代向け「デジホ」の新商品を第一スマート少額短期保険より提供開始

損保

東京海上日動、糖尿病治療支援保険を開発

損保

あいおいニッセイ同和損保、ダイハツと車両維持費低減と環境負荷軽減に向け共同取組み

生保

アフラック生命、「生きる」を創るがん保険WINGSを発売

生保

ソニー生命、「変額個人年金保険(無告知型)22(無配当)」および「一時払変額個人年金保険(無告知型)22(無配当)」を発売

損保

損保ジャパン、「PayPayほけん」ミニアプリ「コロナお見舞い金」販売停止

損保

東京海上日動、中小企業向けハラスメント再発防止費用を補償する特約を新設

損保

あいおいニッセイ同和損保、8月1日付組織改編

生保

東京海上日動あんしん生命、「家族信託組成サポートサービス」の提供開始

関連商品