シンニチ保険WEB

アニコム損保、アニコムグループと環境大善、ペットの健康維持に向けた共同研究を開始

アニコム損保およびアニコム先進医療研究所株式会社(以下アニコム先進医療)は、環境大善株式会社(以下環境大善)と、ペットの健康維持および増進を目的とした共同研究を行うことに合意した。
※:シェアは、各社の2020年の契約件数から算出。(株)富士経済発行「2021年ペット関連市場マーケティング総覧」調査
人とペットの共生社会を実現するには、ペットが末永く健康でいられることが必要である。ペットの健康には各種要因が関与するが、生命活動において“水”は非常に重要な鍵を握っている。そこでアニコムグループと環境大善は、環境大善が製造販売する『善玉活性水』およびその関連製品について、ペットの健康維持および繁殖環境改善に対する効果やそのメカニズムを明らかにすべく、共同研究を開始する。
またあわせて、本共同研究を通じて得られる知的財産の取得を目指していく。
■『善玉活性水』とは
従来廃棄されていた牛の尿を、環境大善の独自技術で発酵処理して製造された、100%天然成分のバイオ消臭液である。アニコムグループおよび環境大善は、ペット分野での『善玉活性水』の用途拡大・活用を通じて、循環型社会の形成に貢献していく。
■環境大善株式会社について
環境大善は、北海道北見市で未利用バイオマスとなっている牛の尿を独自技術で発酵処理をし、消臭液や土壌改良材を製造販売している。廃棄される資源・そのままでは役に立たない資源を「原料」ととらえ、付加価値を付けてアップサイクルし、使用し地球に戻すことで循環させていくというサイクルを描いている。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

朝日生命、東京大学との共同研究 社会連携講座「糖尿病・生活習慣病予防講座」の研究論文が複数の医学誌に掲載

生保

明治安田生命、早稲田大学と「健康経営と企業経営との関係性」の共同研究

生保

大同生命、神戸大学 経済経営研究所と共同研究を開始

生保

大同生命、東洋大学と共同研究を開始

損保

アニコム損保、組織改編および人事異動を発表

損保

アニコム損保、「猫の熱中症週間予報」を6月23日から配信を開始

生保

太陽生命少子高齢社会研究所、株式会社MCBIとの共同研究で、「歩行・思考・会話」する長期の活動が認知症リスクの低下につながる可能性を確認

損保

アニコムグループ、DENBA JAPAN、フローエンス、ペットの健康維持に向けた共同研究を開始

生保

日本生命、東京大学とのメンタルヘルスに関する共同研究を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、東京大学とマティクス技術の活用によるCO2削減に向け共同研究を開始

関連商品