シンニチ保険WEB

損保ジャパン、2021年度千葉市未来技術等社会実装促進事業(自動運転車社会実装サポート事業)に基づく自動運転実証実験を実施

損保ジャパン、京成バス株式会社、アイサンテクノロジー株式会社、株式会社建設技術研究所、埼玉工業大学の5社(以下、実施事業者)は、千葉市より公募された、千葉市未来技術等社会実装促進事業の自動運転車社会実装サポート事業(以下、本事業)に採択された。提案した事業計画に基づき、2022年1月15日、16日に幕張新都心地域において自動運転車の実証実験を行う。
1.背景と経緯
千葉市では、2016年1月に「幕張新都心を中核とした『近未来技術実証・多文化都市』の構築」を掲げ、国家戦略特区の指定を受け、先端技術を活用したドローンや自動運転等の技術実証や新たなビジネスモデルの創出に向けた取組が進められてきた。その一環として、高齢者や障がい者、さらに外国人を含めた多様な人がその時々の交通事情等に応じたモビリティを選択し、すべての人々がストレスなく付加価値のある快適な移動を実現するため、幕張新都心内の駅、住居地区、商業施設、公園(海辺)等の拠点間を結ぶ地域限定、路線限定ルートでの自動運転車の導入を見据え、社会実装を想定した実証実験の実施事業者が公募された。
実施事業者は、千葉市の公募趣旨・目的に賛同し、連名で事業計画を策定し、千葉市に対して提案を行い採択された。提案では、幕張新都心地域での自動運転の技術的課題とその解決方法を検証するともに、2023年のJR京葉線幕張豊砂駅開業を見据え、地域住民の生活に必要な旅客輸送の確保、都市の回遊性向上や街全体の賑わい創出に向けた、自動運転技術による移動サービス実装の可能性を検証することを目指している。
2.本事業における実証実験の概要
実施事業者は自動運転移動サービスの社会実装に向け、「技術検証項目」と「サービス検証項目」の検証を行う。実証概要は以下の通りである。
<実証概要>
○実施期間 2022年1月15日(土)、16日(日)
○使用車両 埼玉工業大学所有のリエッセII
○自動運転「Autoware」※やLiDAR、GNSSアンテナを搭載。
○検証項目
・技術検証項目:車両および自動運転技術に関する検証(主にGNSS正確性評価)。道路環境および交通環境への適応に関する検証(多車線環境下での右左折、幕張新都心地域で恒常的に発生する渋滞区間の対応)
・サービス検証項目:新駅開業に伴う新ルートのニーズ調査、自動運転車両の社会受容性および事業性の検証
○走行ルート イオンモール幕張新都心~ZOZOマリンスタジアム~JFA夢フィールド幕張温泉 湯楽の里

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、ECのための延長保証「proteger」を提供するKivaと新たな保証スキームの検討開始

損保

損保ジャパン、北海道警察と『安全・安心な北海道の実現に向けた連携協定』を締結

損保

損保ジャパン、MaaSアプリ「EMot」の利用・導入支援に向けた協業開始

損保

損保ジャパンとANA NEOが提携

損保

損保ジャパン、「女性が活躍する会社BEST100」において総合ランキング5位を獲得

損保

損保ジャパン、【国内初】小型商用EV向けに保険料を割引く特約を販売開始

損保

損保ジャパン、大垣共立銀行との『地域のサステナビリティ推進に関する包括連携協定』を締結

損保

損保ジャパン、足利市、足利小山信用金庫、ファイナンシャル・ソリューションズとの『地方創生ならびにSDGs推進に関する包括連携協定』を締結

損保

損保ジャパン、グローバル企業向けリスクマネジメントサービス「SOMPO-GR Platform」をリニューアル

損保

損保ジャパン、西東京市との『包括連携協定』を締結

関連商品