シンニチ保険WEB

東京海上日動、新たな貿易決済の仕組みの実現に向けた実証実験を実施

東京海上日動、NTTデータ、スタンデージおよびトレードワルツは、新たな貿易決済の仕組みの実現に向けた実証実験を実施した。
本実証実験の結果を踏まえ、貨物の代わりとして用いる電子B/L(船荷証券)とデジタル通貨(または暗号資産)を同時に交換する、世界で初めての仕組みの実用化を目指す。
貨物と代金の交換を行う貿易取引においては、旧来から貨物の代わりとして用いるB/L※と代金の交換が行われてきた。
一方で海外取引の場合、輸出者と輸入者は離れていることから、B/Lと代金を同時に交換することができず、いずれかの債務不履行のリスクが発生し、銀行、保険、ファクタリング等によるリスクヘッジのコストが必要になる。
近年、国内では電子B/Lを認めるよう法改正を求める動きが進んできており、海外諸外国においてもB/L等の電子化のための法整備を行う動きがある。
また、デジタル通貨についても国際的な実用に関する議論があり、中国やカンボジアなどを中心にCBDC(中央銀行デジタル通貨)の実用化に向けた動きが活発化している。
電子B/Lとデジタル通貨(または暗号資産)が今後国際的に普及すると、デジタルデータである双方を同時に交換できる可能性が生まれる。東京海上日動・NTTデータ・スタンデージ・トレードワルツの4社はこの「同時交換」を実現する新たな貿易決済の仕組みの構築に向けて、実証実験を実施した。
※ 船荷証券(Bill of Lading)のこと。運送品引渡請求権(運送人から貨物の引渡しを受ける権利)を表象すると同時に、物権的効力(貨物の所有権を示す)も併せ持つ有価証券である。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、中小M&A向け表明保証保険(国内M&A保険Light)の販売開始

損保

損保ジャパンとANA NEOが提携

損保

東京海上日動、「地熱発電業務賠償責任保険団体制度」を創設

損保

東京海上日動、月面探査ミッションを支援する「月保険」を開発

損保

東京海上日動、「防災コンソーシアム(CORE)」を始動

損保

東京海上日動、中小機構と中小企業等のSDGs推進に関する包括連携協定を締結

損保

東京海上日動、【業界初】建設機械向けレコーダーを活用したテレマティクスサービス提供開始

損保

東京海上日動、経済産業省「GXリーグ基本構想」へ賛同

損保

損保ジャパン、【国内初】小型・分散型陸上養殖システムを提供するARK社との共同実証実験を開始

損保

東京海上日動、三菱UFJ銀行による気候変動分野で提携

関連商品