シンニチ保険WEB

MS&ADホールディングス、「Partnership for Carbon Accounting Financials(PCAF)」に加盟

MS&ADホールディングスは、投融資や保険のポートフォリオの温室効果ガス排出量の計測・開示手法を開発する国際的なイニシアティブである「Partnership for Carbon Accounting Financials」(以下「PCAF」)に加盟した。
1.PCAFについて
PCAFは、投融資や保険のポートフォリオの温室効果ガス排出量の計測・開示手法を開発する国際的なイニシアティブである。2021年12月現在、北米、中南米、ヨーロッパ、アフリカ、オーストラリア、およびアジア太平洋地域の世界49ヵ国から180以上の金融機関が加盟している。
2015年のパリ協定採択以降、気候変動への対応は解決すべき重要な課題として世界的に取組みが進められている。金融機関が投融資や保険のポートフォリオの温室効果ガス排出量を統一的な基準で計測し、開示していくことは、世界全体の温室効果ガス排出量の削減を進める上でも必要とされる取組みである。
2.同社の加盟について
同社グループは、気候変動への対応をサステナビリティ課題の中でも特に優先的に取り組む課題として捉えており、保険商品やコンサルティングサービスのリスクソリューションの提供等を通じ、お客さまや代理店、投融資先などのステークホルダーとともに取組みを進めている。
同社グループは、PCAFへの加盟に合わせて、日本において金融機関の温室効果ガス排出量の計測・開示の普及・浸透に取り組むPCAF Japancoalitionにも加盟する。これらの加盟を通じて、金融機関の温室効果ガス排出量の計測・開示の普及・浸透に取り組み、社会全体の温室効果ガス排出量削減に貢献するとともに、同社グループの計測・開示も進めることで、脱炭素社会の実現に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

FWD生命、全国学童野球振興協会【ポップアスリートカップ】への保険カテゴリーでの独占スポンサード契約を締結

生保

メットライフ生命、地域に特化したごみ拾い活動を東京・長崎で実施予定

協会・団体生保

生保協会、保育所・放課後児童クラブを対象とした助成活動を実施

生損共済

日本生協連、全国の生協が気候変動対策の取り組みを加速

生保

ライフネット生命、デジタルこども手帳「てくてく」の普及を推進

生保

SOMPOひまわり生命、山形県上山市へ健康機器を贈呈

損保

アニコムホールディングス、【ウクライナのペット救援募金】1万人からの愛のある支援5,600万円をIFAWに寄付

損保協会・団体

SOMPO環境財団、環境分野の博士号取得支援「学術研究助成」対象者を募集

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、ロシア・ウクライナ情勢を踏まえた対応を発表

生保

ライフネット生命、「東京レインボープライド2022」にブース出展

関連商品