シンニチ保険WEB

東京海上日動、中小企業専用ソリューションサイト「BUDDY+」を開設

東京海上日動は、中小企業が抱える多種多様な経営課題やニーズに対して、情報提供から解決に至るサービスまでをワンストップで提供するソリューションサイト「BUDDY+」を開設した。
専門性の高いコンテンツの提供や厳選された情報の発信に加え、本サイトを活用したデジタルマーケティングにより把握した、中小企業の保険への加入ニーズを同社代理店に連携することで、人の力とデジタル技術の活用により最適な商品・サービスを提供することを目指す。
1.背景
中小企業は日本経済の基盤であり地域経済を支える存在である一方、多くの中小企業はコロナ禍での財務悪化に加え、生産性向上のためのデジタル化、人手不足、経営者の高齢化による事業承継、国内需要の縮小、脱炭素経営等、様々な経営課題を抱えている。
同社は、中小企業を取り巻くリスクの変化をとらえ、事業継続や新たな挑戦・成長を後押しする新たな保険商品・サービスの開発・提供や、DXの推進、地域の中小企業を支援するプロジェクトの展開を目指し、2021年10月に中小企業支援室を設立し、取り組みを進めている。
このような中、同社はより多くの中小企業の挑戦を支援し、地域および経済の活性化、社会課題の解決に貢献していきたいと考え、中小企業の課題解決に繋がる情報や解決策をスピーディーにお届けできるソリューションサイトを開設することとした。
2.中小企業向けソリューションサイト「BUDDY+」の概要
BUUDY+には、以下の特徴がある。同社の保険に契約している方にかかわらず、全国の中小企業の皆様に広く利用できるソリューションサイトである。
①専門性の高い個別コンテンツ
②厳選された情報の発信
③デジタルマーケティングを活用した新たな価値提供
3.今後について
BUDDY+を通じて、中小企業経営者の要望やニーズを把握し、多くの課題解決に繋がる新たな保険商品やサービスの開発を進めていく。また、お客様への情報提供では、保険契約や事故情報等の社内データと様々な社外データを組み合わせ、AI等のテクノロジーを活用することで、各中小企業にとって関心が高い情報をタイムリーに届けることを目指す。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、ぜんち共済、株式会社ミライロとデジタル障害者手帳を通じた「ミライロ保険<がん保険>」を開発、販売

損保

東京海上日動、第7回サステナブルファイナンス大賞「優秀賞」を受賞

損保

東京海上日動、不動産取引保険(表明保証保険)の販売開始

損保

東京海上日動、保険代理店向けデジタルマーケティングプラットフォームの提供を開始

損保

東京海上日動、新たな貿易決済の仕組みの実現に向けた実証実験を実施

損保

東京海上日動、運送事業者向けオールリスク置き配保険を販売開始

損保

東京海上日動、中小企業向け「超ビジネス保険」のデジタル完結型モデル開始

損保

東京海上日動、特定非営利活動法人全国災害ボランティア支援団体ネットワークと協業

損保

東京海上日動、サステナブル社会の構築に向けた陸上養殖保険を開発

損保

東京海上日動、カーボンニュートラルファンドへ投資

関連商品