シンニチ保険WEB

AIG損保、日本委員会にワクチンに換算すると約38,000人分を寄付

AIG損保は、認定NPO法人世界の子どもにワクチンを日本委員会(以下JCV)に、ワクチンに換算すると約38,000人分を寄付した。
AIG損保は、2007年からJCVを通じ、お客さまへの感謝の気持ちをワクチンに託して世界の子どもたちに贈る支援活動を実施している。同社の医療総合保険『みんなの健保』の新規契約件数に応じた寄付で、今回は2020年分となる。本活動は保険の契約を通じて社会貢献を行えると好評であり、これまでに累計で約86万人分相当のワクチンを世界の子どもたちに届けた。
AIGはグローバルな保険グループとして、個人、事業、そして同グループが事業を展開するコミュニティがより持続可能で安全な世界に構築されるようサポートしている。今後もAIG損保は本活動を通じてポリオワクチンの重要性や活動の意義への理解拡大に一層努めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、「ART for Wellbeingプロジェクト」が始動

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】しずおか焼津信用金庫と共同寄付スキームの取扱いを開始

損保

MS&ADホールディングス、「生物多様性は変革の時代へ~世界目標と金融の波~」シンポジウムを開催

損保

AIG損保、IoT活用による早期漏水発見のための実証実験を開始

損保

損保ジャパン、学生向け体験講座を展開

損保

損保ジャパン、「子ども向け自転車交通安全講習サービス」を開発

損保

MS&ADホールディングス、「Partnership for Carbon Accounting Financials(PCAF)」に加盟

損保

東京海上日動、特定非営利活動法人全国災害ボランティア支援団体ネットワークと協業

生保

第一生命ホールディングス、第一生命リアルティアセットマネジメント、私募リート「第一生命ライフパートナー投資法人」「再エネ100宣言REAction」にリートとして初めて参加

生保

プルデンシャル生命、富山県立高志支援学校後援会に社内表彰賞金1万ドルを寄付

関連商品