シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、2025年大阪・関西万博での次世代都市交通システムの実用化を目指した実証実験に参画

あいおいニッセイ同和損保およびMS&ADインターリスク総研株式会社(以下MS&ADインターリスク総研)は、2025年大阪・関西万博会場内外の輸送において、レベル4を見据えた自動運転車両を核とした次世代の交通管制システムの提供を目指し、大阪市高速電気軌道株式会社ほか複数社と共同で実証実験(以下本実証実験)を行う。本実証実験は、2022年3月頃から実施を予定している。
1.本実証実験の概要
2025年大阪・関西万博の会場を想定した1周約400メートルのテストコースを整備し、複数台の自動運転車両を運行させることで、自動運転走行の一元管理の課題抽出と、非接触充電による電動モビリティへの充電制御に関するエネルギーマネジメントの技術実証を行い、より渋滞の少ないエネルギー効率のよい次世代都市交通システムの構築に向けた実証を行う。
また、車両の運行を管理する手法・システムを企画し、マネジメントする高度な専門人材の育成を行うとともに、将来の自動運転化による様々な技術・サービスについても活用の可能性を検証する。
あいおいニッセイ同和損保およびMS&ADインターリスク総研は、複数台の自動運転車両を一元管理するうえでのリスクアセスメントおよび安全管理体制の構築を目指す。
2.本実証実験における同社グループの役割
(1)安全運行を支援するリスク管理体制の構築
あいおいニッセイ同和損保は、2025年大阪・関西万博会場内外のレベル4自動運転車による来場者等の移動を見据え、自動運転車両のトラブル発生時における円滑な対応に向けたリスク管理体制を検証する。トラブル発生時のオペレーションや協力企業と連携しトラブル現場へ駆けつける検証を行うことにより、群管理される自動運転車両の安全管理体制の構築を支援する。
(2)リスクアセスメント
MS&ADインターリスク総研は、同一地域内を複数の自動運転車両が同時運行するという今回の大規模な実証実験に対し、2025年大阪・関西万博会場内外のレベル4自動運転車による来場者等の移動を見据えたリスクアセスメントを行うことで、安心・安全な実証実験をサポートする。
3.今後の展開
あいおいニッセイ同和損保およびMS&ADインターリスク総研は、本実証実験での取り組みを通じ、無人自動運転サービスにおける非常時の迅速かつ円滑なお客さまサポートを実現し、安全・安心なモビリティ社会の実現に貢献することを目指す。安全性・利便性を向上させながら、各地域が抱える移動課題の解決に向け、地方自治体や交通事業者などとともに無人自動運転移動サービスの全国への展開・社会実装に取り組んでいく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、サポートセンター認証制度の最高峰であるHDI七つ星に認定

損保

損保ジャパン、安全運転支援ソリューションに関する実証実験を開始

損保

損保ジャパン、2021年度千葉市未来技術等社会実装促進事業(自動運転車社会実装サポート事業)に基づく自動運転実証実験を実施

損保

損保ジャパン、三重県桑名市内で開催されるタクシー型自動運転車両試乗会に協力

損保

あいおいニッセイ同和損保、スマートウオッチ×損保「建設現場安全みまもりプラン」を提供

損保

東京海上日動、新たな貿易決済の仕組みの実現に向けた実証実験を実施

損保

AIG損保、IoT活用による早期漏水発見のための実証実験を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、神戸関西圏電池リユース・リサイクル協議会へ参画

損保

あいおいニッセイ同和損保、米国初のトヨタブランド保険「Toyota Auto Insurance」を販売開始

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、航空写真を活用した防災・減災、保険金支払早期化に向けた業務提携を基本合意

関連商品