シンニチ保険WEB

東京海上日動、持続可能な水産養殖社会の構築に向けたソリューションの共同研究・開発を開始

東京海上日動とウミトロン株式会社は、持続可能な水産養殖社会の構築に向けたソリューションの共同研究・開発に向けて、業務提携した。
1.背景・狙い
今後、世界の人口が97億人に達すると予想されるなど人口増加による食糧需要の増加が見込まれ、動物性タンパク質の不足を懸念する声もある中、海の生態系保全をはじめとした環境意識の高まりにより水産養殖事業に対する注目・期待が高まっている。
こうした環境下、東京海上日動はサステナブルな水産養殖社会の構築に貢献していくため、データやデジタルを活用した新たなソリューションの開発に向け、ウミトロンと業務提携することとした。
ウミトロンは「持続可能な水産養殖を実装する」をミッションに掲げ、水産養殖にテクノロジーを活用することで、海の持続可能な開発と魚の安全・安定供給の実現を目指したスタートアップ企業である。IoT機器や衛星リモートセンシング技術等を活用し、給餌の最適化や魚群行動の解析、海洋データ提供サービス等を展開している。
東京海上日動はウミトロンとの業務提携を通じて、これまでリスクの可視化や保険設計が困難であった領域についてもデータドリブンな新たな保険商品やリスクソリューションの提供を目指して取り組みを進めていく。
本取り組みにあたっては、東京海上グループでデータ戦略の中核を担う東京海上ディーアールをはじめ、東京海上グループ全体のリスク分野でのノウハウ等も活用していく予定である。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、ぜんち共済、株式会社ミライロとデジタル障害者手帳を通じた「ミライロ保険<がん保険>」を開発、販売

損保

東京海上日動、第7回サステナブルファイナンス大賞「優秀賞」を受賞

損保

東京海上日動、不動産取引保険(表明保証保険)の販売開始

損保

東京海上日動、保険代理店向けデジタルマーケティングプラットフォームの提供を開始

損保

ソニー損保、「2022年 新成人のカーライフ意識調査」を実施

損保

東京海上日動、新たな貿易決済の仕組みの実現に向けた実証実験を実施

損保

東京海上日動、運送事業者向けオールリスク置き配保険を販売開始

損保

東京海上日動、中小企業向け「超ビジネス保険」のデジタル完結型モデル開始

損保

東京海上日動、特定非営利活動法人全国災害ボランティア支援団体ネットワークと協業

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、航空写真を活用した防災・減災、保険金支払早期化に向けた業務提携を基本合意

関連商品