シンニチ保険WEB

三井住友海上、共同利用型充電サービスの社会実装に向けた実証事業に参画

三井住友海上は、11月~2022年1月に静岡県沼津市で東京電力ホールディングスが実施する「共同利用型充電サービスの社会実装に向けた実証事業」に参画する。
本実証事業ではEVの普及を目的に、「複数企業で1台の充電器を共同利用する」というEV充電の新たな選択肢について、運用上の課題と解決の方向性を検証する。
同社は、本実証事業に参画することで、EVの普及を支援するとともに「同社が所有する全車両の将来的な電動車化」や「EVおよびEV充電設備の普及を支援する商品・サービスの開発」に活かしていく。
◆本実証事業の概要
・12企業・1団体が、1台の充電器をあらかじめ決められた充電
スケジュールをもとに共同利用する。一方、充電スケジュール
で指定された時間以外でも、空いている時間は、アプリで予約
すれば充電が可能。
・時間帯別料金(ダイナミックプライシング)を導入し、その実効性・経済性の検証を行う。
・同社は、本実証事業のため、静岡支店 静岡東部支社の業務車両の一部をEVに置き換える。
◆同社参画の主な目的
(1)EVの普及を支援し、持続可能な社会の実現に貢献
(2)同社が所有する全車両の将来的な電動車化に向けての情報収集
(3)EVおよびEV充電設備の普及を後押しする商品・サービス開発の検討
(4)EV事業に関する新たな知見とノウハウの獲得

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、獣医師、農家向け診療サポートサービス「U-メディカルサポート」の開発を開始

損保

損保ジャパン、2021年度千葉市未来技術等社会実装促進事業(自動運転車社会実装サポート事業)に基づく自動運転実証実験を実施

損保

損保ジャパン、三重県桑名市内で開催されるタクシー型自動運転車両試乗会に協力

損保

三井住友海上、実用型ホバーバイク専用賠償責任保険の提供開始

損保

東京海上日動、新たな貿易決済の仕組みの実現に向けた実証実験を実施

損保

AIG損保、IoT活用による早期漏水発見のための実証実験を開始

損保

三井住友海上、「東京都スポーツ推進企業」に5年連続で認定

損保

三井住友海上、「DX valueシリーズ」の商品ラインアップを拡充

損保

三井住友海上、「全日本実業柔道個人選手権大会」で梅津志悠選手が優勝

損保

三井住友海上、「第52回防府読売マラソン大会(女子IPC登録の部)」で道下美里選手が5年連続優勝

関連商品