シンニチ保険WEB

損保ジャパン、福岡県警察と『「地域の安全・安心」に関する包括連携協定』締結

損保ジャパンは、福岡県警察と「地域の安全・安心」に関する包括連携協定を10月19日に締結した。
福岡県警察が、保険会社とさまざまな分野における包括連結協定を締結するのは、今回が初めてとなる。
1.背景・経緯
福岡県警察は「県民の安全・安心の確保」を目指すことを運営方針に掲げている。
損保ジャパンは、本業である保険を通じて、さまざまなリスクに対する危機管理や、地域に根差した事業活動基盤を活かして、交通事故防止や防災・減災など、グループの経営理念である、「安心・安全・健康に資するサービスの提供」を通じて地域貢献に取り組んでいる。
福岡県警察と損保ジャパンは、「安全で安心して暮らせる福岡の実現」に向けて、これまで両者が培ってきたノウハウや取組みを活かした、より幅広い分野での連携の可能性について検討を重ね、このたび包括連携協定を締結する運びとなった。
2.協定の目的
福岡県警察と損保ジャパンは緊密な相互連携により、「安全で安心して暮らせる福岡の実現」を図ることを目的としている。
3.協定の主な内容
福岡県警察と損保ジャパンは、以下の5項目において連携を行う。
(1)地域の安全・安心を守る活動に関する取組
(2)子どもの安全を守るための取組
(3)ニセ電話詐欺をはじめとする各種犯罪対策・防犯に関する取組
(4)交通事故抑止への取組、対象者別安全対策の実現
(5)その他福岡県内における安全・安心に関する取組
特に地域・子どもの安全・安心を守る目的で、損保ジャパン関連車両を青色防犯パトロール(青パト)の取組みに拠出する。保険会社関連車両を青パト登録することは、全国で始めての取組みとなる。
4.今後について
損保ジャパンは、本協定を通じて、福岡県の皆さまが安全で安心して暮らせる地域社会の実現に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、岩手県大船渡市、広島県広島市と「包括連携協定」を締結

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、AIによる保険金支払の自動判定システムを開発

損保

損保ジャパン、金沢市と『持続可能な次世代型交通システム連携協定』を締結

損保

損保ジャパン、陸上風力メンテナンス事業者へ「稼働率保証保険」「メンテナンスコストキャップ保険」を提供

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、住友林業、トルビズオン、ドローンによる森林の新たな価値創造を目指した取り組みについて発表

損保

損保ジャパン、次世代ロードサービスシステムを開発

損保

損保ジャパン、「東北電力フロンティアくらしのシンプル保険(賃貸タイプ)」の提供開始

損保

損保ジャパン、長野県内で初となる市街地の一般公道におけるバス型自動運転EVの走行実証に参加

損保

損保ジャパン、レッカー搬送業者向けVRトレーニングコンテンツを用い自動運転サービスの研究等を実施

損保

損保ジャパン、~LGBT取組評価「PRIDE指標」における評価「ゴールド」の受賞とLGBTの社員が働きやすい環境構築に向けた取組みを実施

関連商品