シンニチ保険WEB

SOMPO福祉財団、地域の課題に包括的な支援を行う団体に助成を決定

SOMPO福祉財団は2021年度NPO基盤強化資金助成「住民参加型福祉活動資金助成」として、地域住民が主体となって、包括的な支援を行う26団体を対象に、合計663万円の助成を決定した。
SOMPO福祉財団が実施している住民参加型福祉活動資金助成は、地域における高齢者・障害者・子ども等に関する複合的な生活課題に、地域住民が主体となって、包括的な支援を行う活動に必要な資金を支援する事業である。本年度は、新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、様々な取り組みによりコロナ禍での活動、事業継続・拡大しようとする団体を応援し募集した。2021年6月に公募したところ、103件の応募があり、26団体に合計663万円の助成を決定した。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ジブラルタ生命、オンライン推進寄付プロモーションを実施

生保

富国生命、茨城県内で「ニセ電話詐欺」被害防止啓発活動

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】高山信用金庫と共同寄付スキームの取扱い開始

生保

太陽生命、くつきの森林(もり)『どんぐりプロジェクト植樹式』を実施

損保

AIG損保、日本委員会にワクチンに換算すると約38,000人分を寄付

損保

アクサ損保、在宅治療を続ける子どもたちと“絵本”を制作

生保

ジブラルタ生命、人吉市社会福祉協議会に社内表彰賞金1万ドルを寄付

生保

メットライフ生命、日本の高齢者・子ども・環境をテーマにCSR月間を実施

生保

アフラック生命、My Special Aflac Duckの累計寄贈数が1,000羽を突破

損保

アクサ損保、入院中の子どもたちと分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」を通してリモート交流会を開催

関連商品