シンニチ保険WEB

東京海上日動、アップルウォッチのヘルスデータを活用した実証実験開始

東京海上日動は、アップルウォッチから収集されるヘルスデータを活用し、疾病の早期発見を行う実証実験を行う。アップルウォッチを通じて疾病の予兆を検知し、お客様の「行動変容」を促すための新たなソリューション開発を目指す。
◆実証実験の概要
本実証実験では、実験参加者が装着したアップルウォッチから収集されるヘルスデータを活用し、アラート通知を通じて参加者に生じる「行動変容」について検証する。なお、本実証実験には
アップル社から、アップルウォッチのアプリケーション開発に関する技術的なサポートを受けている。
・実証期間
2021年10月~12月
・対象者
東京海上グループ社員 約150名
・実証実験内容
①実証実験対象者は、配布されたアップルウォッチを実証期間中は常に装着するとともに、iOSのプロトタイプアプリケーションをインストールする。
②アップルウォッチの不規則な心拍数の通知機能※1を活用して、対象者の心房細動※の予兆をモニタリングする。
③一定の条件に合致した場合、アプリケーションを通じて対象者にアラートをプッシュ通知する。
④アラートを受け取った場合、早期に医療機関への受診を行うという行動変容に繋がるかを検証する。※1 不規則な心拍数とは、心臓の鼓動を確認して、心房細動を示唆する不規則な心拍リズムがないかどうかチェックするというアップルウォッチの最新機能。
※2 心房細動とは、本来は一定のリズムの電気活動で動く心房が、無秩序に電気活動をしてけいれんしている状態を指す。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、中小企業専用ソリューションサイト「BUDDY+」を開設

損保

東京海上日動、災害に負けない強靭な社会を目指し「防災コンソーシアム(CORE)」を発足

損保

東京海上日動、日本郵便、傷害保険「JP生活サポート保険」デジタル申込みの提供開始

損保

東京海上日動、持続可能な水産養殖社会の構築に向けたソリューションの共同研究・開発を開始

損保

東京海上日動、ドローンを活用した保全高度化支援サービス開始

損保

東京海上日動、企業向けテレマティクスサービス『法人ドライブエージェント』のラインナップ追加

損保

東京海上日動、ESGスコアの保険引受業務への活用に向けた実証実験を実施

損保

東京海上日動、防災IoTセンサと3D都市モデルを活用した先進的な防災サービスの開発を開始

損保

東京海上日動、「太陽光 PPA 事業者向けパッケージ保険」の提供開始

損保

東京海上日動と日本M&Aセンターが業務提携契約を締結

関連商品