シンニチ保険WEB

東京海上日動、大規模自然災害からの「逃げ遅れゼロ」を目指して

東京海上日動と東京海上ディーアールは、NECと福山コンサルタントと共同で、自然災害発生時の事前避難を支援する新たなサービスの実証実験を香川県高松市で9月から開始する。
東京海上日動と福山コンサルタントは、NECを全体とりまとめ事業者とする「高松市スーパーシティ構想の連携事業者」として、高松市における災害からの「逃げ遅れゼロ」を提案しており、本実証実験はその取り組みの一環となる。
自治体から自然災害に関する避難指示が発令された段階で住民へリアルタイムに連絡、発令数日後には避難費用(タクシー移動代やホテル宿泊代)を支払い、住民に危険が迫る前の避難行動を支援することで災害からの「逃げ遅れゼロ」を目指す。
近年、日本の全国各地で甚大な被害をもたらす自然災害が頻発している。被害を少なくするためには、日頃からの防災・減災対策が必要となるが、災害発生前に避難行動を取ることができず、中には逃げ遅れてしまう人もいる。逃げ遅れが生じる背景には、高齢者・要支援者への支援、移動手段の確保、避難に対する意識不足など、様々な課題がある。
このような中、東京海上日動と東京海上ディーアールは、NECおよび福山コンサルタントと共同で、香川県高松市をフィールドとして、自然災害からの「逃げ遅れゼロ」実現を目指した実証実験を行うこととした。
◆実証実験の概要
・実証期間:2021年9月~10月の一定期間
・実証場所:香川県高松市
・対象者 :住民 250名程度
・対象事由:台風や大雨による水災
・実証実験内容
①自治体から自然災害に関する避難情報(避難指示)の警戒レベル4が発令された段階で、東京海上日動から対象者に対して避難を促す個別連絡を発信
②避難指示発令数日後、避難費用(移動費用やホテル宿泊費用等)を対象者に支払い
③住民に危険が迫る前の避難行動を支援することで、事前避難等の行動変化につながるかを検証

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、中高年(ミドル)社員の学び直しを推進するための企業内カレッジをスタート

損保

東京海上ホールディングスおよび東京海上日動、「社内報アワード2021」ゴールド賞の受賞

損保

東京海上日動、投資運用事業者向け賠償責任保険を販売開始

損保

東京海上日動、アップルウォッチのヘルスデータを活用した実証実験開始

損保

東京海上ホールディングス、東京海上日動、新・本店ビル計画のコンセプトについてのコンセプトについて発表

損保

東京海上日動、「人工衛星画像を活用した保険金支払いの高度化」がInsurance Asia Awards 2021を受賞

損保

東京海上日動、蓄電池管理技術の事業化に向けた協業開始

損保

東京海上日動、社会課題の解決に向けた取組みを強化

損保その他

東京海上日動、東京海上ディーアール、「太陽光発電向けM&A発電向けM&Aパッケージプラン」の提供開始パッケージプラン」を提供開始

損保

東京海上日動、自然災害からの避難行動を支援する実証実験の開始

関連商品