シンニチ保険WEB

損保ジャパン、西新宿エリアで5Gを活用した自動走行ロボットによる配送サービスの実証実験を展開

損保ジャパン、ティアフォー、KDDI、小田急電鉄の4社が取り組む「5G×自動配送サービスプラットフォーム事業」が、8月13日、東京都の「令和3年度西新宿エリアにおける5Gを含む先端技術を活用したスマートシティサービス(5G等活用サービス)実証事業」に採択された。
4社は本プロジェクトを通じて、ヒトの移動ではなく「モノが移動する」新たなスマートシティの実現に向け、5Gを活用し、西新宿エリアにおけるラストワンマイルを自動走行ロボットが配送するサービスの実証実験を2022年1月頃から行う。
また、本実証実験のモノの配送サービスを利用し、共同で課題検討などをしていく事業者を募集する。https://www.sompo-japan.co.jp/-/media/SJNK/files/topics/2021/20210820_1.pdf?la=ja-JP

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、全国の自治体が作成した防災動画等を一挙公開

損保

損保ジャパン、「修学旅行キャンセル保険」の提供開始

損保

損保ジャパン、物流業者向け「貨物避難費用特約」の販売を開始

損保

損保ジャパン、高橋一生さんを起用したテレビCM『事故対応のプロ』篇の放映開始

損保

損保ジャパン、かながわ信用金庫とSDGsに関する包括連携協定を締結

損保

損保ジャパン、輸入バイオマス燃料の安定供給を支援する保険を開発

損保

損保ジャパン、栃木県那須郡那須町と防災協定を締結

損保

損保ジャパン、「スマートシティにおける移動体搭載カメラ・AI画像認識による見守りの高度化」の実証事業企画が採択

損保

損保ジャパン、三笠市との『地域防災力向上に関する連携協定』を締結

損保

損保ジャパン、自動運転サービスの社会実装を検討する自治体向けにウェビナーを開催

関連商品