シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、高齢者向け防災・減災サービス「かぞくの災害掲示板」の提供を開始

あいおいニッセイ同和損保は、70才以上の高齢者を加入対象とした傷害保険「ケガの保険S」において、2021年7月1日以降の始期契約より、高齢者とその親族等に安心を提供する新サービス「かぞくの災害掲示板」をリリースした。
1.開発の背景
近年、自然災害や異常気象が多発・激甚化しており、防災・減災への取組みを強化していくことが社会課題となっている。また、高齢化が進行するなか、頻発する豪雨災害においても高齢者の被害が度々報道されており、災害や異常気象発生時の高齢者に対するサポートを社会全体で考えていく必要がある。
同社は、この社会課題解決に向けた取組みのひとつとして、災害発生前の早期対策を促すための異常気象情報等の通知機能や親族等と安否情報が共有できる機能(=「つながること」)を備えた「かぞくの災害掲示板」を高齢者向け傷害保険「ケガの保険S」のサービスとして提供を開始した。
2.「かぞくの災害掲示板」の概要・特長
「かぞくの災害掲示板」は、「安否確認カード」を活用することにより携帯電話やスマートフォンを持っていなくても利用できる「掲示板」サービスと「異常気象情報等通知」サービスの2つの機能で構成される。本サービスの各機能を利用することで、被保険者である高齢者本人の被害の未然防止や軽減に寄与するだけでなく、離れて暮らす親族等と「つながること」により、親族等にも安心することができる。
また、台風・豪雨・地震による被災建物棟数・被災率をリアルタイムで予測する機能や気象・災害と判別されたSNS情報を速報として表示する機能をもったウェブサイト・アプリ「cmap(シーマップ)」をあわせて利用することで、防災、減災にもつなげられる。
(1)「掲示板」サービス
(2)「異常気象情報等通知」サービス
3.今後の展開
本サービスを通じて、災害や異常気象時における高齢者の被害の未然予防および軽減につながる取組みをお客さま・地域社会とともに進め、誰もが安心・安全に暮らせるまちづくりに貢献していく。
今後も、データ・デジタル技術(DX)を活用した共通価値創造(CSV)に資する商品・サービスの開発・提供により、「レジリエントでサステナブルな社会」の実現に取り組んでいく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、セキュリティ対策支援をパッケージ化した中小企業向けサイバー保険の提供開始

生保

チューリッヒ生命、収入サポート保険「くらすプラスZ」を発売

生保

東京海上日動あんしん生命、マーケットリンクの資産運用関係費用引き下げ・介護移行取扱を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、被災地の学校、地域の学校へベルマーク135万点を寄贈

生保

T&Dフィナンシャル生命、名古屋銀行にて「ハイブリッド アセット ライフ」の販売を開始

損保

SBI損保、がん治療費の自己負担が実質“0円”に「筑邦銀行がお薦めするSBI損保の実額補償がん保険」提供開始

損保

あいおいニッセイ同和損保が出資するスマートプラスSSI、「サービス組み込み用 キャンセル保険」を提供開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、「リトルファミリー少額短期保険株式会社」を開業

損保

あいおいニッセイ同和損保、東京2020パラリンピック陸上日本代表推薦選手に同社所属選手が選出

生保

マニュライフ生命、「こだわり変額保険」の商品パンフレットでUCDA認証「見やすいデザイン」を取得

関連商品