シンニチ保険WEB

損保協会、「気候変動対応方針」を策定

損保協会は、7月15日開催の理事会において、「気候変動対応方針」を策定した。
気候変動は、国民の生命や生活基盤、経済システムを広く脅かす重大なリスクであることから、グローバルな対応が求められている。我が国も2050年までにカーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指すことを宣言し、官民一体となった緩和・適応取組みをスタートさせている。
こうした中、損害保険業界でも各種補償・サービスの提供やグリーン投資などに取り組んでいるが、サステナブルな社会への円滑な移行に貢献すべく、各種取組みをさらに推進していく。
・会員各社は、損害保険の引受、関連するサービスの提供、損保協会とともに推進している防災・減災取組み、ESGの観点を踏まえた資産運用、お客さまとの対話などを通じて、気候変動リスクの緩和とそれへの適応に貢献するとともに、サステナブルな社会への円滑な移行を支援する。
・損保協会および会員各社は、自らの事業を通じて排出される温室効果ガスの削減に取り組み、脱炭素社会の実現を図る。

関連記事(保険業界ニュース)

損保協会・団体

損保協会・舩曵真一郎会長「2022年 年頭所感」

損保協会・団体

損保協会、英文ファクトブックを作成

損保協会・団体

損保協会、協会長ステートメントを発表

損保

損保協会、高等学校における損害保険等の教育に関する調査を実施

損保協会・団体

損保協会、令和3年9月中間期 損保決算概況を発表

損保協会・団体

損保協会、事業者向け特設サイト「中小企業に必要な保険」を開設

損保協会・団体

損保協会、高校生向けの動画教材を拡充

生保

日本生命、福岡ビル・福岡三栄ビルを建替へ

生保協会・団体

生保協会、スチュワードシップ活動ワーキング・グループ参加会社による協働エンゲージメントの実施について発表

生保

かんぽ生命、新市場区分「プライム市場」選択申請、上場維持基準の適合に向けた計画書を提出

関連商品