シンニチ保険WEB

損保協会、「気候変動対応方針」を策定

損保協会は、7月15日開催の理事会において、「気候変動対応方針」を策定した。
気候変動は、国民の生命や生活基盤、経済システムを広く脅かす重大なリスクであることから、グローバルな対応が求められている。我が国も2050年までにカーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指すことを宣言し、官民一体となった緩和・適応取組みをスタートさせている。
こうした中、損害保険業界でも各種補償・サービスの提供やグリーン投資などに取り組んでいるが、サステナブルな社会への円滑な移行に貢献すべく、各種取組みをさらに推進していく。
・会員各社は、損害保険の引受、関連するサービスの提供、損保協会とともに推進している防災・減災取組み、ESGの観点を踏まえた資産運用、お客さまとの対話などを通じて、気候変動リスクの緩和とそれへの適応に貢献するとともに、サステナブルな社会への円滑な移行を支援する。
・損保協会および会員各社は、自らの事業を通じて排出される温室効果ガスの削減に取り組み、脱炭素社会の実現を図る。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保協会、協会長ステートメントを発表

損保

損保協会、最新の「全国交通事故多発交差点マップ」を公表

生保

明治安田生命、「CDP」および「Climate Action 100+」へ署名

生保

日本生命、米ドル建劣後特約付社債を発行

生保

住友生命、日本の生保会社で初めて国際イニシアティブPCAFに加盟

損保

SOMPOホールディングス、自己株式の取得状況

生保

FWD富士生命、FWD生命へ社名変更

生保

アクサ生命、「ライフマネジメント(R)~人生を経営する~」の理念に基づいた取り組みを強化

生保

富国生命、2021・2022年度日本経済の見通しを改訂

損保協会・団体

損保協会、令和3年7月1日からの大雨および令和3年8月11日からの大雨による災害に関する損保業界の対応について発表

関連商品