シンニチ保険WEB

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、【業界初】AIを活用した建物損害額算出システムを導入

三井住友海上ならびにあいおいニッセイ同和損保は、イギリスのTractableLtd.(以下「トラクタブル社」)と協業し、台風等により被災した建物の損害額をAIで自動算出するシステムを業界で初めて導入する。
4月から実証実験を開始し、今年度の台風による災害から運用を開始する。
本システムは、お客さまがスマートフォンやパソコンから損害写真を送信するだけで、AIが写真から損傷箇所を自動で解析・検出し、瞬時に保険金を算出する仕組みである。
これまでのように修理見積書をご提出いただかずに、保険金を迅速にお支払いできるため、お客さまはいち早く被災後の生活再建が可能となる。
MS&ADインシュアランスグループは、デジタルトランスフォーメーションを加速させ、付加価値の高いサービスの提供を通じて、迅速かつ適切な保険金支払いに努めていく。
1.本システムの概要
過去の膨大な自然災害で被災した建物の損害写真や修理見積りをAIが機械学習している。これをもとに、被災写真を画像解析することで損傷箇所を自動で検出し、損害額を算出する。
損害写真の提出だけで保険金を算出できるため、お客さまは修理業者から見積書を取り付けることなく、保険金を受け取ることができる。大規模災害が発生した際には、発災から保険金支払いまで数ヶ月を要する場合もあったが、この仕組みにより1週間以内の支払いが可能となる。
2.導入の背景
近年、自然災害が激甚化・頻発化しており、2018年度、2019年度には業界全体で1兆円を上回る規模の保険金支払額となった。また、2018年の台風21号や2019年の台風15号では、修理業者も多数被災したうえ、修理依頼が殺到したため、お客さまが見積書を受け取るまでに数ヶ月を要したケースもあった。
一方、被災後に当座の生活資金や建物の応急処置費用等の資金が必要となるため、保険金を速やかに受け取りたいというニーズは高まっている。
こうしたお客さまの声に応えるため、三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保は、本システムを開発し、お客さま体験価値のさらなる向上に取り組んでいく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、「スマートシティにおける移動体搭載カメラ・AI画像認識による見守りの高度化」の実証事業企画が採択

損保

大同火災、「OKINAWAStartupProgram2021-2022」開始

生保

東京海上日動、蓄電池管理技術の事業化に向けた協業開始

損保

三井住友海上、横浜市SDGs認証制度取得事業者向けSDGs取組サポートメニューの提供を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、コンタクトセンター向け「メンタルヘルス支援サービス」を開発

生保

住友生命、スポーツ庁とeiiconcompanyが運営するアクセラレーションプログラム「INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD」に参加

生保

富国生命、よい仕事おこしフェア実行委員会の「小児がん啓発・応援プロジェクト」に賛同

損保

SBI損保、【損害保険業界初】JATTO・DRP 先進安全自動車の電子制御装置整備(エーミング)に関する提携を発表

損保

あいおいニッセイ同和損保所属の秋田啓選手が東京2020パラリンピック男子車いすバスケットボールで銀メダルを獲得

損保

あいおいニッセイ同和損保、創業10周年記念企画「外交官 杉原千畝 命のビザ」続編を追加公開

関連商品