シンニチ保険WEB

損保ジャパン、トラクタブルと自動車保険金支払業務のDXパート ナーとして提携

損保ジャパンとトラクタブルは、自動車保険金を支払う業務のデジタルトランスフォーメーション(以下「DX」)を実現する戦略パートナーとして提携した。
本提携により、AI自動見積システム(AI Estimating)を国内で初めて導入し、10月からサービスを展開する予定である。
損保ジャパンは、中期経営計画(2021年度~2023年度)におけるDX施策として、事故が起きた際の自動車の損害額についてAIが画像から見積金額を自動算出するサービスの自社開発を進めてきた。
トラクタブルは、自動車事故や自然災害などにおける迅速な保険金支払いや損害復旧を可能にするAIソリューションを開発するイギリスの企業であり、欧米を始めとする世界各国の大手保険会社と協業している。
このたび、トラクタブルの持つ最先端のAI技術を活用したソリューションが損保ジャパンのDX戦略に合致したことから、業務提携にいたった。
◆AI自動見積システム(AI Estimating)について
AI自動見積システム(AI Estimating)は、所定の方法で撮影した事故車両の画像をAIが解析し、修理金額を短時間で算出する。これにより、軽微な車両事故に遭われたお客さまは、修理をおこなうかの判断などを自動車整備工場に持ち込む前に検討することが可能である。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、「スマートシティにおける移動体搭載カメラ・AI画像認識による見守りの高度化」の実証事業企画が採択

損保

損保ジャパン、三笠市との『地域防災力向上に関する連携協定』を締結

損保

損保ジャパン、自動運転サービスの社会実装を検討する自治体向けにウェビナーを開催

損保

損保ジャパン、埼玉県NPO基金への寄付の実施

損保

損保ジャパン、報酬トラブル弁護士費用保険『フリーガル』を一般会員に自動付帯

損保

損保ジャパン、一般社団法人サステナブル経営推進機構主催の「第4回エコプロアワード」において「優秀賞」を受賞

損保

損保ジャパン、SDGs推進ツールの提供開始

損保

損保ジャパン、会員制Webサイト「SOMPO Park」と三菱UFJ銀行の資産運用プラットフォーム「Money Canvas」を相互連携

損保

損保ジャパン、自動搬送ロボットの共同開発およびサービス構築に向けた実証実験の検討に合意

損保

損保ジャパン、「地震への備えに関する意識調査」を実施

関連商品