シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、ZMPと資本業務提携

あいおいニッセイ同和損保は、独自の自動運転技術を活用した自動運転車両や一人乗り自動運転ロボットなどの低速自動運転ロボット、物流支援ロボットなどの開発を手掛けるZMPと資本業務提携をした。
高齢化・過疎化の進行による地域の交通課題を解消するため、様々な業界・自治体で自動運転の実用化に向けた取組みが加速している。また、感染症の蔓延や労働力不足により、無人・非接触・非対面サービスのニーズが高まっており、今後このような動きはさらに加速すると考えられる。
同社は、自動運転をはじめとしたCASE※1・MaaS※2や、先進的な街づくりへの取組を通じ、安全・安心なモビリティ社会・街づくりへの貢献を進めている。また、2016年より地方創生プロジェクトを立ち上げ、地域の「まち・ひと・しごと」に係る課題解決に役立つメニューを提供している。
ZMPは、高い自動運転技術を持ち、またその技術を活用した様々な自動運転ロボットを開発・提供するなど、今後高まるニーズにマッチした商品・サービスを展開している。
今般、両社は、自動運転技術を活用したモビリティサービスの普及に向けて、安全・安心な運行を実現する両社の商品・サービスを共同で提供することに基本合意し、資本業務提携をした。
※1 Connected(コネクティッド)、Autonomous(自動運転)、Shared & Services(シェア・サービス)、Electric(電動化)
の頭文字を取った言葉で、自動車産業の技術革新を意味する。
※2 Mobility as a Service の略称。様々な種類の交通サービスを需要に応じて利用できる一つのサービスに統合することを意味する。
同社はZMPとの協業を通じて、自動運転ロボット専用商品・サービスの共同検討を行い、データ・デジタル(DX)を活用した共通価値の創造(CSV)に資する保険商品・サービスの開発と両社商品のパッケージ化による共同展開に取り組んでいく。また、これらの取組と地方創生取組を連動させ、過疎地等における地域交通の衰退や物流事業における人手不足といった社会課題の解決を後押しすることで、スマートシティ・スーパーシティも見据えた安全・安心でサステナブルな街づくりへの貢献を目指していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、コンタクトセンター向け「メンタルヘルス支援サービス」を開発

損保

あいおいニッセイ同和損保所属の秋田啓選手が東京2020パラリンピック男子車いすバスケットボールで銀メダルを獲得

損保

あいおいニッセイ同和損保、創業10周年記念企画「外交官 杉原千畝 命のビザ」続編を追加公開

損保

あいおいニッセイ同和損保、HDI格付けベンチマーク「問合せ窓口」「Webサポート」で最高評価の「三つ星」を獲得

損保

あいおいニッセイ同和損保、社会保険労務士法人アウルスおよびマーブルと労務リスクに特化した商品付帯型表明保証保険(買主用)の提供を開始

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保とストライクが中小企業のM&A推進に向けて業務提携

損保

あいおいニッセイ同和損保、「こどもあんぜんマイスター」が第15回キッズデザイン賞を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、創業10周年記念企画「外交官杉原千畝命のビザ」続編第4回を追加公開 

損保

三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保、企業火災保険向け「カーボンニュートラルサポート特約」販売開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、JX通信社と資本業務を提携

関連商品