シンニチ保険WEB

損保ジャパン、2021年度「市民のための環境公開講座」(オンライン)受講者募集

損保ジャパンおよび、公益社団法人日本環境教育フォーラム、公益財団法人SOMPO環境財団は、三者共催の「市民のための環境公開講座」(開催期間:2021年8月21日~12月8日)の受講者を募集する。本年度は、無料のオンライン講座にて、「通年講座」(全9回)のほかに、現地中継も含む「特別講座」も開講する。
●「市民のための環境公開講座」について
市民と共に環境問題について、より深く考え、それぞれの立場で具体的な活動を実践していくことを目的として、1993年にNGOと企業のパートナーシップ事業の先駆けとしてスタートした。今年で29年目を迎え、これまでに延べ3万人が参加している。
本講座は、受講者の皆様が環境問題についての理解、認識を深め、行動に移せるようにとの考えに基づき、「認識から行動へ」をコンセプトとしている。バラエティに富んだ講師陣が、多様な環境問題と自然の魅力についてSDGsやサステナビリティをキーワードに講演する。受講者の皆様の知識の深まりとその後の行動が、SDGs達成にも大きく寄与することと考える。
■申込方法
以下、SOMPO環境財団公式ウェブサイトから申込可能。
https://www.sompo-ef.org/kouza/kouza2021/

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、「スマートシティにおける移動体搭載カメラ・AI画像認識による見守りの高度化」の実証事業企画が採択

生保

住友生命、独立行政法人国際協力機構(JICA)が発行するジェンダーボンドに投資

生保

大同生命、「パートナーシップ構築宣言」を公表

生保

メットライフ生命、「メットライフ財団×日本財団高齢者・子どもの豊かな居場所プログラム」始動

生保

太陽生命、世界アルツハイマーデーにあわせて認知症の予防に関する意識調査結果を公表

損保

損保協会、最新の「全国交通事故多発交差点マップ」を公表

損保

損保ジャパン、三笠市との『地域防災力向上に関する連携協定』を締結

損保

東京海上日動、社会課題の解決に向けた取組みを強化

損保

損保ジャパン、自動運転サービスの社会実装を検討する自治体向けにウェビナーを開催

損保

SOMPOホールディングス、介護用シャワー入浴装置「美浴(びあみ)」最新モデルの改良に「FutureCareLabinJapan」が協力

関連商品