シンニチ保険WEB

東京海上日動、東京海上グループのデータ活用を支えるインフラを強化

東京海上日動と東京海上日動システムズ株式会社は、お客様への新たな価値提供の実現を目指し、東京海上グループにおけるデータ活用を支えるデータ分析基盤を新たに構築することとした。
1.背景
東京海上グループは、創業当時より、データに基づきリスクを分析して保険商品を設計することで、データ活用力を高めてきた。1990年代にはリアルタイムなデータ分析を可能とするデータウェアハウスを導入し、2017年度にはクラウド上にセキュアなデータ分析基盤を構築することで、機械学習等を用いた高度なデータ活用を自社システム内で行うことが可能となった。これにより、お客様のデータを適切に守りながら、AI等の最新技術を活用した効率的かつスピード感あるデータ分析を実現してきた。
こうした取組みに加え、東京海上グループは、21年7月より「東京海上ディーアール株式会社(※1)」を核としてデータ活用力をさらに高めていく方針とした。データを活用し、新たな価値提供を実現していくためには、様々なデータをこれまで以上に安全に管理するとともに、お客様向けのサービス・商品の改善に速やかに繋げていくシステム基盤が必要となることから、この度、「協創型次世代データ分析基盤」を新たに構築することとした。
(※1)21年5月20日東京海上ホールディングスニュースリリース
「新たな価値創出に向けた事業の開始~データ中核会社「東京海上ディーアール」始動~」
https://www.tokiomarinehd.com/release_topics/release/l6guv3000000c8e3-att/20210520_Tokio_dR_j.pdf
2.協創型次世代データ分析基盤データ分析基盤について
「協創型次世代データ分析基盤」では以下①から④を実現する。
①クラウドサービスを活用したリスクデータプラットフォームの構築クラウドサービスを活用したリスクデータプラットフォームの構築
②お客様から預かった情報から預かった情報を適切に管理し続けるための継続的改善
③コンテナ技術による最新のデータ分析技術の迅速な活用
④社外の先進的分析技術の活用によるデータ分析の先進的分析技術の活用によるデータ分析力のさらなる高度化

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、Bloombergとの協業による資産運用業務の効率化および高度化

損保

東京海上日動、東京商工会議所「東商サイバーセキュリティコンソーシアム」へ参画

生保

三井住友海上プライマリー生命、360度動画を活用した体験型の研修手法を開発

損保

東京海上日動、災害体験ARを開発

損保

東京海上日動、ゲリラ豪雨等の直前予測を屋外イベント運営等に活用する実証実験を実施

生保

朝日生命、AIを活用した「推奨活動自動立案」を構築

損保

三井住友海上、AIドローンとチャットボットを活用した「水災デジタル調査」導入

損保

東京海上日動、全国商工会連合会とバトンズと東京海上日動、中小・小規模M&Aの促進に関する包括連携協定を締結

損保

日本郵便、東京海上日動、三井住友海上、損保ジャパンおよびJP損保、置き配保険を導入

損保

東京海上日動、フランスのフィンテックスタートアップ セサム社と協業開始~AI 感情分析を活用した運用モデルの開発~

関連商品