シンニチ保険WEB

共栄火災、「KyoeiSafeWaterForChildrenプロジェクト」の取組でユニセフに寄付

共栄火災は、同社の重点取組みのひとつである国際貢献活動の一環として、不衛生な水をきれいにする浄水剤を途上国の子どもたちへ届けるために、公益財団法人日本ユニセフ協会を通じて、過去最多となる浄水剤925万錠に相当する額を寄付した。
■寄付の実施について
同社の国際貢献活動(*)の取組みは長く、1993年から実施しているが、この度の「KyoeiSafeWaterForChildrenプロジェクト」の取組みは2015年からスタートし、以降、毎年実施している。
この取組みは、開発途上国の子どもたちへ不衛生な水をきれいにする浄水剤を届けるために、自動車保険料の一部を拠出し寄付するというものである。近年では、2019年に714万錠、2020年には719万錠に相当する額を寄付している。
今年も5月に2020年4月~2021年3月の1年間で集まった寄付金を公益財団法人日本ユニセフ協会に届けた。この寄付金は、浄水剤925万錠(小学校の標準的なプールで約130杯分の飲料水に相当)として開発途上国に届けられる。
同社では、共栄生協パートナークラブ(※1)や共栄プロクラブ(※2)をはじめ、同社代理店の皆さまの支援のもと、積極的にこの取組みを進めていく。
(※1)共栄生協パートナークラブ
生協代理店の相互研鑽を目的に1992年「共栄生協代理店会」から、2010年「共栄生協パートナークラブ」として改組し、生協組合員のより豊かな生活の向上を目指して活動を行っている。現在は42会員となっている。
(※2)共栄プロクラブ
専業代理店を中心に保険の普及活動を通じた社会貢献や研修活動を目的に1998年に発足した。現在、325の代理店が会員となっている。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ソニー生命、公式ホームページに「サステナビリティへの取組」サイトを公開

損保

あいおいニッセイ同和損保、被災地の学校、地域の学校へベルマーク135万点を寄贈

損保

アニコム損保、「aniterrace(アニテラス)」2022年1月に運営を開始

生保

住友生命、子育て支援事業「第15回未来を強くする子育てプロジェクト」募集開始

生保

三井住友海上あいおい生命、2020年度サステナビリティ取組結果を公表

損保

損保ジャパン、脱炭素、資源循環型社会に資する新事業創出へ

損保

損保ジャパン、2021年度「市民のための環境公開講座」(オンライン)受講者募集

生保

住友生命、資産ポートフォリオの温室効果ガス排出量削減に係る2030年目標設定

生保

マニュライフ生命、障がい児のための安らぎ・リラクゼーションの場「スヌーズレンルーム」の設置を支援

生保協会・団体

生保協会、2021年度セイホスカラーシップ奨学生9名を決定

関連商品