シンニチ保険WEB

東京海上日動、AIを活用したバス事業者向け事故削減コンサルティングサービスの提供開始

東京海上日動と東京海上日動リスクコンサルティング(以下「TRC」)は、BOLDLYが提供する「DaiLY by dispatcher」を活用したバス事業者向けの新たな事故削減コンサルティングサービスを、6月1日から提供する。
東京海上日動とTRCは、保険契約を通じて収集した自動車事故のデータを蓄積しており、データに基づいた事故削減の知見や安全管理体制の構築・評価・運用に関する専門性を有している。TRCにおいては、その知見や専門性を生かし、過去3年間で約200社のバス事業者へ事故削減コンサルティングサービスや安全指導の支援サービスを提供してきた。
そのような中、東京海上日動とTRCは、バス事業者の安全性をより高精度に評価して事故削減を支援するために、BOLDLYと連携して、従来のコンサルティングサービスに、AIの活用により安全運転をサポートする「DaiLY by dispatcher」を組み合わせた新たなサービスを開発した。
◆「DaiLYbydispatcher dispatcher dispatcher」を活用した事故削減コンサルティングサービスの特長
「DaiLY by dispatcher」とは、BOLDLYが提供するバス事業者向けプラットフォームで、バスの車内事故削減や運転記録に基づく効果的な運転指導を支援するものである。事故削減コンサルティングサービスでは、このプラットフォームで収集したデータをもとに、TRCの専門家がバスの安全性を高めるサポートや報告レポートを提供する。本サービスの特長は、以下の通り。
・これまでTRCが提供してきた添乗調査では、調査員の目視により短時間の運行を調査していた。今回のサービスでは、バス内に設置したモーションキャプチャーカメラ(貸出)から、車内での転倒事故につながりやすい「乗客が着席する前の発進」や「走行中の乗客の移動」などをAIが検知して、映像を記録する。また、そうした危険場面の発生時に運転士や乗客に注意喚起を行うことも可能である。
・運転士の運転日報を自動で作成し、バスの急旋回・急発進・急加速などの7項目のアラートを記録する。項目毎のアラート件数を、前回の運転や全社平均などと比較することも可能である。
・収集したアラート件数・発生場所のマッピング情報をレポートにまとめ、安全性の評価を行う。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、Bloombergとの協業による資産運用業務の効率化および高度化

損保

東京海上日動、東京商工会議所「東商サイバーセキュリティコンソーシアム」へ参画

損保

東京海上日動、災害体験ARを開発

損保

東京海上日動、ゲリラ豪雨等の直前予測を屋外イベント運営等に活用する実証実験を実施

損保

東京海上日動、全国商工会連合会とバトンズと東京海上日動、中小・小規模M&Aの促進に関する包括連携協定を締結

損保

日本郵便、東京海上日動、三井住友海上、損保ジャパンおよびJP損保、置き配保険を導入

損保

東京海上日動、フランスのフィンテックスタートアップ セサム社と協業開始~AI 感情分析を活用した運用モデルの開発~

損保

東京海上日動、フランスのフィンテックスタートアップSESAMmとの協業開始

損保

東京海上日動、北九州市における水素とバイオ燃料を利用したハイブリッド型先進船舶の商用運航を計画

損保

東京海上日動、先進的な防災・減災サービスの開発に向け応用地質と提携

関連商品