シンニチ保険WEB

三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保、AI-OCRを活用し自賠責保険の解約関連業務を自動化

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス、傘下の三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、ならびにMS&AD事務サービスは、今般、SCSK、AI 1nsideとの協業により、AI-OCR(製品名:DX Suite)を活用した「計上業務自動化フロー」を開発し、4月より、自賠責保険における解約書類の入力業務への導入を開始した。
本フローは、自賠責保険の解約手続きにおける書類の入力業務にAI-OCRやRPAを組み込んで自動化するもので、帳票識別やテキスト化の基本技術に加え、これまで困難とされていたゴム印等による振込口座の指定についてもデータベースとの連携により大幅な効率化を実現する。これにより、年間約4万時間の業務時間削減につながるだけでなく、業務の正確性と迅速性を向上させ、お客さまサービスの向上につながる。
MS&ADインシュアランス グループは、デジタルトランスフォーメーションによる新たなビジネススタイルへの変革を通じて、お客さま体験価値の向上に努めていく。
◆自動化業務のフロー概要
本フローでは、AI Inside社が開発したAI-OCR製品「DX Suite」やRPAを活用する。全国から送付される解約手続き書類(自動車損害賠償責任保険承認請求書)をPDF化し、「DX Suite」にアップロードしてテキスト化する。テキスト化されたデータは、RPAを活用して三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保のオンライン入力画面に自動入力して解約処理を進める。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、東京2020パラリンピック車いすバスケットボール日本代表推薦選手に男女2選手が選出

損保

三井住友海上、大阪スマートシティパートナーズフォーラムの“安全・安心なまちづくり”でコーディネーターに選出

損保

三井住友海上、「2021年世界柔道選手権大会」で玉置桃選手が銀メダル、男女混合団体戦で日本チームが金メダルを獲得

損保

三井住友海上、「見守るクルマの保険(プレミアムドラレコ型)」を開発

損保

あいおいニッセイ同和損保、東京 2020 パラリンピック 卓球競技日本代表推薦選手に「加藤耕也」選手が選出

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、業界初自動車保険における中断制度の対象事由に「重度傷病による運転不能」を追加

損保

あいおいニッセイ同和損保、世界初「離島エリアでのドローン物流定期航路」開設に向けたスポンサーシップ契約をかもめやと締結

損保

三井住友海上、「再生可能エネルギーアグリゲーション実証事業」へ参画

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、高齢者向け「行方不明時の捜索費用補償」の販売を開始

損保

三井住友海上、警察庁オープンデータを見える化した交通事故マップを公開

関連商品