シンニチ保険WEB

三井住友海上、フィリップス UV-Cシリーズ業務用4製品を新発売

三井住友海上とシグニファイジャパンは、連携して賠償責任保険を組み合わせたオフィスやホテルなど向け「フィリップス UV-C上層空気殺菌器」「フィリップス UV-C室内空気殺菌器」「フィリップス UV-C殺菌トロリー」「フィリップス UV-C殺菌庫」の販売を開始する。賠償責任保険が1年間無償付帯された製品を提供するのはこの業界では初めてとなる。
シグニファイジャパンは新型コロナウイルスの感染が始まった当初から殺菌ランプの効果を見出し、35年以上におよぶ殺菌ランプ取り扱いの経験と、世界各国のマーケットから得た知見に基づき殺菌効果と安全設計を両立させた製品の販売開始を実現した。
また三井住友海上はこれまで新型コロナウイルス感染症や未知の指定感染症を補償する休業補償商品の販売などを通して社会的ニーズに応えてきた。
シグニファイジャパンのUV-Cシリーズは人感センサーなど安全機構を標準装備し、万全の安全対策をしている。しかし、これまでにない製品アプリケーションであるため、導入を検討するエンドユーザーや販売代理店、工事店に安心して取り扱える仕組みが必要と考えていた。
そこで両社は新型コロナウイルスに対し、感染症対策として有効性の高く社会的にも意味のある製品に新たに開発した保険を付帯することによって安心して製品を導入できる体制を整え、レジリエントでサステナブルな社会の実現に努めていく。
◆業界初:「UV-C製品付帯賠償責任保険」
フィリップスUV-C製品購入者には、三井住友海上が新たに開発した「UV-C製品付帯賠償責任保険」が1年間無償で提供される。
この保険により、UV-C製品の所有・使用・管理に伴い、他人にケガを負わせたり、他人の財物を壊した際に法律上の損害賠償責任を負担することによる損害に対して、保険金が支払われる。製品購入後、UV-C製品賠償責任保険専用HPから事前にユーザー登録を行うことで、1年間の補償が提供される。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、業界初自動車保険における中断制度の対象事由に「重度傷病による運転不能」を追加

損保

三井住友海上、「再生可能エネルギーアグリゲーション実証事業」へ参画

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、高齢者向け「行方不明時の捜索費用補償」の販売を開始

損保

三井住友海上、警察庁オープンデータを見える化した交通事故マップを公開

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、エアロセンスとの提携による固定翼ドローンとAIを活用した水災損害調査を開始

損保

三井住友海上、男性社員の育児休業1ヵ月取得推進の取組み

損保

三井住友海上、「お客さま第一の業務運営に関する方針」に基づく取組状況

損保

三井住友海上、グローバルデジタルハブ・東京をリニューアルオープン

損保

三井住友海上、「空の移動革命に向けた官民協議会」へ参画

損保

三井住友海上、イスラエルの自動車向けサイバーセキュリティ事業会社Upstream Security Ltd.へ出資

関連商品