シンニチ保険WEB

東京海上ホールディングス、グループダイバーシティ&インクルージョン総括およびダイバーシティカウンシルを創設

東京海上ホールディングスは、東京海上グループのダイバーシティ&インクルージョンの取り組みを加速し、グループのすべての社員が、多様なバックグラウンドを活かし、持てる力を最大限に発揮できる環境をつくるため、4月にグループダイバーシティ&インクルージョン総括(以下「CDIO」)およびダイバーシティカウンシル(以下「カウンシル」)を創設する。
◆CDIOの概要
同社では、グループ一体経営を推進し、グループ内でのシナジー発揮やお客様への最適なソリューションの提供などを行っていくため、コーポレート機能別にチーフオフィサー(CxO)を設置している。グローバルにビジネスを展開するうえでD&Iは重要な戦略であり、グループ一体経営を組織的かつ戦略的に進めていくため、CDIOのポジションを設置する。
CDIOが担う主な役割は以下の通りであり、4月1日より、同社執行役員の鍋嶋美佳がCDIOに就任する。
・グループ全体でD&Iが経営戦略の一部として円滑に実施され、すべてのステークホルダーにとって有益な成果につながるようグループ全体をリードする。
・グループ全体で、D&Iを推進する企業文化を醸成し、お互いを尊重するインクルーシブな環境を構築することで、すべてのグループ社員のエンゲージメントの向上や成長につながるようリードする。
◆カウンシルの概要
カウンシルは、グループCEOが委員長を務めるCEO直轄の諮問機関と位置付け、D&Iの推進によりグループの持続的な成長に貢献する。CDIOが国内外グループ会社を代表するメンバーとのD&Iに関する議論をリードし、D&I関連の重要なテーマについて、グループ横断で合意形成を図る。カウンシルには、社外ステークホルダーの視点を代表して社外取締役も参加する。また、D&Iをグループの持続的な成長につなげるためには、トップダウンとボトムアップの両面から取り組む必要があることから、国内外のグループ社員の代表(3~5名)もメンバーとして参加し、さまざまな視点からの意見を反映させていく。
カウンシルの主な役割は、以下の通り。
・D&Iに関するグループのビジョンを策定し、経営としてのコミットメントを社内外に発信する。
・D&Iに関連したグループ内の重要課題について論議し、グループ全体での最適なアプローチを導き出し、グループCEOに助言する。
・各グループ会社の経営陣がグループにおけるD&Iの取り組みや知見について共通認識をもち推進役としてリーダーシップを発揮できるようにする。
・各グループ会社の取り組みの成功へ向けて、グループ全体でベストプラクティスを共有し、必要なリソースを確保する。また、グループ会社における取り組みの実施状況や進捗を確認し、必要に応じて対話する。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上ホールディングス、東京海上グループ中期経営計画2023を策定

損保

東京海上ホールディングス、2050年カーボン・ニュートラルの実現に向けた気候変動対策を推進する新たな目標を策定

損保

東京海上ホールディングス、2021年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)を発表

損保

東京海上ホールディングス、資本水準の調整(自己株式取得および資本水準調整のための一時的な配当)を実施

生保損保協会・団体

東京海上ホールディングス、東京海上日動および東京海上日動あんしん生命、本店移転

損保協会・団体

東京海上ホールディングス、取締役等に対する新たな株式報酬制度を導入

損保協会・団体

東京海上ホールディングス、自己株式の取得状況および取得終了

損保

東京海上ホールディングス、6年連続「健康経営銘柄」に選定

損保

東京海上ホールディングス、2021年「データマネジメント大賞」を受賞

損保

東京海上ホールディングス、2021年3月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)を発表

関連商品