シンニチ保険WEB

アニコム損保、ペットにかける年間支出調査2020

アニコム損保は、アニコム損保のペット保険契約者3,000名以上から得られた回答をもとに、2020年の1年間にペットにかけた年間支出費用を発表した。2020年は新型コロナウィルスの影響で、外出自粛をしたりと例年とは少し違った一年であったが、その影響もうかがえる結果となっている。
犬・猫それぞれについて、病気の治療費やフード代、トリミング料といった各項目にかかる費用を調べたところ、犬では347,104円(前年比113.1%)、猫では164,835円(前年比103.9%)と犬猫ともに昨年よりやや増加した。
◆調査結果ハイライト
①前年との合計額の対比では、犬猫ともにやや増加
②「ケガや病気の治療費」は犬猫ともに増加傾向
③その他、犬猫ともに増加した項目は「サプリメント」「シャンプー」「予防費」
④犬猫ともに大幅に減少した項目は「ペットホテル・ペットシッター」、前年の半分以下に
⑤その他、犬猫ともに減少した項目は「洋服」「ドッグラン」「防災用品」「光熱費」

関連記事(保険業界ニュース)

損保

アニコム損保、新企画「#記念日から数えてみたら」を9月16日より開始

損保

SBI損保のがん保険を推奨する医師、100名中93%に

共済

こくみん共済 coop〈全労済〉、「2021年版社会活動レポート」を発行

損保

損保ジャパン、「地震への備えに関する意識調査」を実施

損保

損保ジャパン、台風シーズンに向けた「台風への対策・悪質な修理業者に関する意識調査」を実施

損保

SOMPOホールディングス、「統合レポート2021」の発行

生保

チューリッヒ・インシュアランス・グループとオックスフォード大学が共同調査

生保

大同生命、「大同生命サーベイ」自然災害・感染症への備え

損保

アニコム損保、犬の熱中症を調査

損保

損保ジャパン、「SDGs・社会課題に関する意識調査」を実施

関連商品