新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、JX通信社と新たな防災ソリューション開発に向けた共創取組を開始

あいおいニッセイ同和損保と、JX通信社は、地震などの自然災害が発生した際、地域の防災、減災に資する、SNSなどのビッグデータを活用した新たなサービスの開発等に向けた共創取組を開始する。
1.背景
昨今の大規模自然災害の多発を受け、2019年6月、あいおいニッセイ同和損保は被災建物予測棟数を市区町村毎にリアルタイムで公開するウェブサイト「cmap.dev(シーマップ)」(以下cmap)を開発し、2020年8月にはスマートフォン向けアプリを公開した。これらの無償サービスを展開する中で、被災地域の状況を詳細かつ早期に知りたいという要望が多く寄せられたため、情報空白期間が生じやすい自然災害発生直後の速報として、SNSで公開される情報の活用を検討してきた。
JX通信社は、報道機関・官公庁・企業向けの緊急情報サービス「FASTALERT(ファストアラート)」で、SNSをはじめとしたビッグデータから自然災害、事故、事件等に関する情報を素早く検知し、緊急事態の発生情報や現場の状況などの最新情報を写真やテキストなどを用いてリアルタイムで配信しており、政府・自治体・インフラ企業を中心に幅広く活用されている。
今般、あいおいニッセイ同和損保とJX通信社は、両社が持つ強みを活かし、防災・減災と自然災害発生時の初動に役立つ情報サービスの共創を検討してきた。
2.取組概要
共創取組の第一弾として、あいおいニッセイ同和損保がcmapで公開する都道府県・市区町村単位のリアルタイム建物被害予測と共に、JX通信社がFASTALERTで提供する被災現場の状況に関する情報をリアルタイムに配信する取組を2021年上期中に開始する予定である。FASTALERTのSNSをはじめとしたビッグデータ解析により自然災害と判別された情報を、都道府県単位でcmap上にアラート表示し、SNSで公開された被災現場の状況に関する写真やテキストなどを誰でも閲覧できるように情報を拡充する。
これにより、cmapがリアルタイムで算出する被害予測と、AI×ビッグデータから得られる具体的な実被害情報を一元的に確認できるため、より早いタイミングで精微な被災状況を把握することが可能となり、利用者さまが避難等の判断を行う上での一助となることが期待できる。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、【藤原季節さん、岡山天音さん、深川麻衣さん出演】新TVCM・WEB動画「CSV×DX三人の未来」篇をリリース

損保

あいおいニッセイ同和損保、三井住友海上、「au海外放題/世界データ定額専用海外旅行保険」を提供開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、「au海外放題/世界データ定額専用海外旅行保険」を提供開始

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、企業向け火災保険で「再発防止費用補償特約」を販売

損保

あいおいニッセイ同和損保、ぺット保険に新サービスお散歩ナビサービス「ALKOO withわんこ」を共同開発

損保

あいおいニッセイ同和損保、「Insurance AsiaAwards2024」で2部門を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、ドイツAutohaus誌の自動車ブランド保険評価にて現地トヨタ保険が11年連続13回目の総合1位を獲得

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、個人向け火災保険で「建物省エネ化費用特約」を販売開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、UNPEL GALLERY での活動が This is MECENATに認定

損保

あいおいニッセイ同和損保、温室効果ガス(GHG)排出権取引の媒介業務を開始

関連商品