新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

東京海上ホールディングス、取締役等に対する新たな株式報酬制度を導入

東京海上ホールディングスは、3月22日開催の取締役会において役員報酬制度の見直しを行い、取締役および執行役員を対象とした株式報酬型ストックオプションに代わる新たな株式報酬制度の導入を決議した。また、同時に、同社の主要な子会社(注)の取締役等についても、今後開催予定の各対象子会社の取締役会において、同社と同様に、本制度を導入することにつき決議し、各対象子会社の株主総会に付議する予定である。
同社は、同社の取締役報酬について本制度に関する議案を2021年6月下旬に開催予定の第19回定時株主総会に付議することした。
(注)東京海上日動、日新火災および東京海上日動あんしん生命

関連記事(保険業界ニュース)

損保協会・団体

損保協会、「令和7年度税制改正要望」を決定

生保

東京海上日動あんしん生命、「お客様本位の業務運営方針」に基づく2023年度取組状況等の公表

生保

三井住友海上あいおい生命、「営業職員チャネルのコンプライアンス・リスク管理態勢の更なる高度化にかかる着眼点」を踏まえた取組状況を公表

生保

SOMPOひまわり生命、「お客さま本位の業務運営方針」2023年度の取組状況を公表

生保

ジブラルタ生命、「お客さま本位の業務運営に関する方針」に係る成果指標(KPI)および2023年度の取組状況を公表

生保

日本郵政、日本郵便、ゆうちょ銀行、かんぽ生命、令和6年7月9日からの大雨災害に対する非常取扱いを実施

生保

住友生命、「WE AT CHALLENGE」の募集開始

損保

損保ジャパン、「カスタマーハラスメントに対する方針」を策定

損保

あいおいニッセイ同和損保、温室効果ガス(GHG)排出権取引の媒介業務を開始

損保

東京海上ホールディングス、自己株式の取得状況を公表

関連商品