シンニチ保険WEB

損保ジャパン、全国のカスタマーセンターに人工知能(AI)の自動支援機能を導入

損保ジャパンと、NTTコミュニケーションズ(以下「NTT Com」)は、損保ジャパンが全国のカスタマーセンター(約400席)に導入している「アドバイザー※自動知識支援システム」において、さらなる応対品質の向上と業務の効率化を実現する「FAQ・マニュアル自動検索機能」を3月に追加する。
本機能は、電話応対時の会話における重要なポイントをAIが自動で識別し、FAQやマニュアル、パンフレットの中から関連する箇所をリアルタイムにアドバイザーに的確に提示するものである。
※ 損保ジャパンでは、オペレーターを「アドバイザー」と称している。
本システムは、お客さまとカスタマーセンターのアドバイザーとの通話内容をAIによる音声認識技術でテキスト化し、そのテキストデータに基づいて、アドバイザーが使用するパソコン上にリアルタイムで最適な回答候補をAIが表示するものである。損保ジャパンとNTT Comは、2018年3月から、本システムをカスタマーセンターで運用し、その後もシステムの機能を高度化するため、共同実験を続けてきた。
従来のシステムは、対話の内容からAIが自動でキーワードを抽出し、その後はアドバイザーがキーワードの中からお客さまの用件に相当するキーワードを手動で選択することにより、FAQを検索・表示していた。
本機能では、「お客さま用件の自動抽出」技術によって、キーワードの中から自動でお客さまの用件を選択し、的確に提示することが可能になった。また、これにより、判別した用件に関連するFAQやマニュアル、パンフレットなどの文書の検索・表示までの一連の流れを、自動で行うことを可能にしている。
また文書の検索・表示に際しては、「マニュアル構造理解」技術を用いており、キーワード検索よりも的確に、文書中の適切な記述を検索し、該当箇所を表示することができるようになった。
さらに、アドバイザーから得たフィードバックを学習データとして活用し、継続的に検索精度を向上していくための仕組みを構築している。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、後続無人の隊列走行向け自動車保険プランを開発

損保

損保ジャパン、ワーケーションの普及を支援する新商品を発売

損保

損保ジャパン、交通事故防止の啓発のための「キーホルダー」贈呈式実施

生保損保

明治安田生命、みずほフィナンシャルグループ、損保ジャパン、第一生命、今年も全国107万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈

損保

損保ジャパン、神奈川県と『県内中小企業のBCP策定推進に関する連携協定』を締結

損保

損保ジャパン、高齢者向け見守りサービスの開発に向けた実証実験実施

損保

損保ジャパン、フリーランス協会と「多様な人材活用による地域企業活性化に向けた連携協定」を締結

損保

損保ジャパン、AIを活用した新たな代理店システム「モバイル!SOMPO」導入

損保

損保ジャパン、常陸大宮市と包括連携協定を締結

損保

損保ジャパン、新しい医療保険 スマホでピタッと充実保険「入院パスポート」発売

関連商品